XDM Individual Profile class

XDM Individual Profile は、識別された個人と部分的に識別された個人の両方の属性と利害の単数表現(すなわち「プロファイル」)を形成する標準的なXDMクラスです。

プロファイルには、匿名の行動シグナル(ブラウザーのcookieなど)から、名前、生年月日、場所、電子メールアドレスなどの詳細情報を含む高度に識別されるプロファイルまで様々な種類があります。 プロファイルが増えるにつれて、個人情報、個人情報、連絡先の詳細、コミュニケーションに関する個人の好みの強力なリポジトリとなります。 プラットフォームエコシステムでのこのクラスの使用に関する詳細は、XDMの概要を参照してください。

XDM Individual Profileクラス自体は、データの取り込み時に自動的に設定されるシステム生成値をいくつか提供しますが、他のすべてのフィールドは、互換性のあるミックスインを使用して追加する必要があります。

プロパティ 説明
_repo 次のDateTimeフィールドを含むオブジェクト:
  • createDate:データが最初に取り込まれた日時など、データストアでリソースが作成された日時。
  • modifyDate:リソースが最後に変更された日時。
_id レコードに対する、システム生成の一意の文字列識別子。 このフィールドは、個々のレコードの一意性の追跡、データの重複の防止およびダウンストリームサービスでのそのレコードの検索に使用します。 このフィールドはシステム生成なので、データ取り込み中に明示的な値を指定しないでください。

このフィールドは、個々の人に関連するアイデンティティ ではなく、データの記録自体を表しているのではな いことを区別することが重要です。個人に関するIDデータは、代わりにIDフィールドに左右する必要があります。
createdByBatchID レコードを作成した、取り込んだバッチのID。
modifiedByBatchID レコードを更新した最後に取り込んだバッチのID。
repositoryCreatedBy レコードを作成したユーザーのID。
repositoryLastModifiedBy レコードを最後に変更したユーザーのID。

互換性のあるミックスイン

メモ

いくつかのミックスインの名前が変更されました。 詳しくは、mixin name updatesのドキュメントを参照してください。

Adobeは、XDM Individual Profileクラスで使用するいくつかの標準ミックスインを提供します。 以下は、このクラスで最も一般的に使用されるミックスインのリストです。

このページ