アドホックスキーマ

特定の状況で、1 つのデータセットでのみ使用するために名前空間が使用されたフィールドを持つ Experience Data Model (XDM) スキーマを作成する必要が生じる場合があります。 これは、アドホックスキーマと呼ばれます。 アドホックスキーマは、CSV ファイルの取得や特定の種類のソースコネクタの作成など、複数のデータ取り込みワークフローで使用されます。アドホックスキーマの詳細(Schema Registry API でアドホックスキーマを作成する手順など)については、 アドホックスキーマに関するチュートリアル を参照してください。

このページ