ライブラリの再公開

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Adobe Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 その結果、製品ドキュメント全体でいくつかの用語の変更がロールアウトされました。 用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Web プロパティ上の実稼動環境に発行された最新の 5 つのライブラリは、後で取得できます。この機能は、実稼動用ライブラリにバグが見つかり、正常な既知の状態へとすぐにロールバックする必要がある場合に役立ちます。

取得プロセスは、ライブラリが最初に公開された時点での環境設定によって異なります。アーカイブされたライブラリを取得してもライブサイト上で変更はおこなわれませんが、通常のライブラリを取得する場合は変更されるので、この点は重要です。

次のオプションがあります。

  • ホスト:アドビが管理、アーカイブ:オフ:「アドビが管理」ホストを使用し、ライブラリのアーカイブをおこなわない場合、これらの古いライブラリを再公開できます。

  • ホスト:アドビが管理、アーカイブ:オン:「アドビが管理」ホストを使用し、ライブラリのアーカイブをおこなう場合、これらの古いライブラリをダウンロードできます。

  • ホスト:SFTP、アーカイブ:オンまたはオフ:SFTP ホストを使用している場合は、独自のアーカイブ戦略を使用しているとみなされ、取得オプションは使用できません。

モバイルプロパティの取得オプションはまだ使用できません。

再公開

各タグ環境は、 ライブラリファイルへのリンクを提供します。その環境で作成したライブラリは、そのリンクを使用して参照できます。

開発環境またはステージング環境にビルドする場合、古いビルドはクリーンアップされ、新しいビルドがデプロイされます。実稼動環境では、このリンクが最新のビルドを指すように更新されますが、クリーンアップされるまでは 5 つ前までのビルドが保持されます。

実稼動環境におけるこれらの 5 つ前までのビルドは、取得できます。

古いライブラリを再公開すると、Platform によって環境リンクが更新され、まだクリーンアップされていない、これらの古いビルドの 1 つを示します。また Platform は、CDN エッジノードキャッシュにパージリクエストを発行し、ライブラリが更新されて元の場所から新しいコピーを取得する必要があることを示します。

つまり、古いライブラリを再公開する場合は、次のようになります。

  • タグプロパティのリソース(または改訂履歴)は変更されません

  • 開発環境とステージング環境でアップストリームの計算方法は変わりません

特定のルールに問題があるためにロールバックする場合は、このシナリオを検討してください。現在実稼動環境にあるルールリビジョンは、例えば、3 つ前のリビジョンの場合があります。データ収集 UI でそのルールを表示して修正すると、現在の実稼動環境にある内容ではなく、保存された最新の変更が反映されます。

この理由により、データ収集ユーザーインターフェイスに表示される内容が、通常の本番環境の場合よりもさらに削除されていることを示すリマインダーとして、Platform はプロパティが再発行済み状態になっていることを通知します。この通知は無効にでき、プロパティを初めて表示する際、ブラウザーセッションごとに 1 回表示されます。

古いライブラリを再公開する方法

ライブラリの再公開

公開画面で次の操作をおこないます。

  1. 「公開済み」列で再公開するライブラリを探します。
  2. ライブラリカードの右上隅にある省略記号(...)を選択します。
  3. 再公開」を選択します。

ダウンロード

アーカイブされたライブラリをダウンロードする場合はさらに簡単です。これらの.zip ファイルはどこからも直接参照されていないので、古いライブラリをコンピューターにダウンロードして通常のプロセスを実行するだけで済みます。

古いライブラリのダウンロード方法

ライブラリのダウンロード

公開画面で次の操作をおこないます。

  1. 「公開済み」列でダウンロードするライブラリを探します。
  2. ライブラリカードの右上隅にある省略記号(...)を選択します。
  3. ダウンロード」を選択します。

このページ