イベント転送のアクティビティの監視(ベータ版)

重要

この機能は現在ベータ版です。お客様の組織はまだアクセスできない可能性があります。 機能とドキュメントは変更される場合があります。

この 監視 データ収集 UI の「 」タブでは、使用状況のパターン、エラーを監視し、イベント転送プロパティの時間を計算できます。 このガイドでは、「 」タブに表示されるレポートの表示方法と理解方法に関する概要を説明します。

データ収集 UI の「監視」タブを示す画像

前提条件

このガイドは、イベントの転送を購入済みであり、イベントの転送の仕組みに関する十分な理解を得ていることを前提としています。 詳しくは、 イベント転送の概要 を参照してください。

ビデオの概要

監視機能の概要については、次のビデオをご覧ください。

プロパティと環境の選択

指標は、個々の環境とプロパティ内で表示することも、組織が所有するすべてのプロパティと環境をまたいで表示することもできます。

1 つのプロパティの指標を表示するには、プロパティドロップダウンメニューを選択し、リストから目的のプロパティを選択します。 プロパティを選択したら、環境ドロップダウンを使用して、目的の環境を選択することもできます。

UI のプロパティ環境ドロップダウンメニューを示す画像

用途

この 使用状況 レポートは、特定の期間内の着信および発信を表示します。 着信コールは、イベント転送に送信されたデータを表します。 発信呼び出しは、イベント転送から送信されたデータを表します。 この 合計イベント数 左側のウィンドウの数値は、指定された期間の着信および発信の呼び出しの合計です。

エラーイベント

この エラーイベント 折れ線グラフにカーソルを合わせると、レポートにエラーが集計で表示され、HTTP 応答コード別に分類されます。 表示されるエラーは送信呼び出しからのもので、応答コードは、イベント転送がインタラクションしているエンドポイントからのものです。

指定した期間のエラーが表示され、提供されたドロップダウンメニューから調整できます。

エラーイベントレポートの期間ドロップダウンメニューを示す画像

エラーイベントの検索ボックスを使用すると、イベント転送をクエリして、特定のエンドポイントドメインのエラーを把握できます。 検索機能では近似値を受け付けないか、「あいまい」一致を受け付けないので、正確なドメインを入力する必要があります。 送信エラーデータが含まれる正確なドメインを指定したら、Enter キーを押すと、レポートが更新されてそのドメインの送信エラーが表示されます。 例えば、Facebook Conversions API エンドポイントからエラーを確認するには、ドメインを https://graph.facebook.com.

時間を計算

この 時間を計算 レポートには、イベント転送サーバー上のすべてのルールの計算時間が表示されます。

メモ

表示される時間は、エンドツーエンドの遅延を表していません。 イベント転送には、50 ミリ秒の計算時間制限があります。 この制限を超えると、関連データは削除されます。

次の要因が計算時間に影響します。

  1. ルールの数
  2. ルールの複雑さ。通常は、実行されるカスタム JavaScript の量によって決まります。

例えば、イベント転送のアクションがエンドポイントにヒットし、そのエンドポイントの応答に 2 秒かかる場合、この 2 秒の遅延は計算時間に対してカウントされません。これは、イベント転送は待機中で、何も積極的に計算していないからです。 応答時間を 30 秒以上にすることはできません。そうしないと、データが破棄されます。

このページ