UI でのアカウントの詳細の更新

状況によっては、既存のソースアカウントの詳細を更新する必要が生じる場合があります。 Sources ワークスペースでは、既存のバッチ接続またはストリーミング接続の詳細(名前、説明、資格情報など)を追加、編集および削除できます。

このチュートリアルでは、既存のアカウントの詳細と資格情報を Sources ワークスペースから更新する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • ソース:Experience Platformを使用すると、様々なソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して、受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。
  • サンドボックス:Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。

アカウントの更新

Experience PlatformUI にログインし、左のナビゲーションから「ソース」を選択して、「​ ソース ​」ワークスペースにアクセスします。 上部のヘッダーから「アカウント」を選択して、既存のアカウントを表示します。

カタログ

アカウント」ページが表示されます。 このページには、ソース、ユーザー名、データフロー数、作成日に関する情報を含む、表示可能なアカウントのリストが表示されます。

左上のフィルターアイコン  フィルター を選択して、並べ替えパネルを起動します。

accounts-list

並べ替えパネルには、すべてのソースのリストが表示されます。 リストから複数のソースを選択して、様々なソースに関連付けられた、フィルタされた一連のアカウントにアクセスできます。

既存のアカウントのリストを表示するには、使用するソースを選択します。 更新するアカウントを特定したら、アカウント名の横にある省略記号 (...) を選択します。

accounts-sort

ドロップダウンメニューが表示され、「データを追加」、「詳細を編集」、「削除」のオプションが表示されます。 メニューから「詳細を編集」を選択して、アカウントを更新します。

更新

アカウントの詳細を編集 ダイアログボックスでは、アカウントの名前、説明、認証資格情報を更新できます。 目的の情報を更新したら、「保存」を選択します。

edit-account-details

しばらくすると、更新が正常に完了したことを確認する確認ボックスが画面の下部に表示されます。

update-confirmed

次の手順

このチュートリアルでは、Sources ワークスペースを使用して、既存のソースアカウントの情報を更新しました。

Flow Service API を使用してこれらの操作をプログラムで実行する手順については、 フローサービス API を使用した接続情報の更新に関するチュートリアルを参照してください。

このページ