の作成 HTTP API UI を使用したストリーミング接続

このチュートリアルでは、 ソース ワークスペース。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

ストリーミング接続の作成

Platform UI で、「 ソース 左側のナビゲーションから ソース ワークスペース。 この カタログ 画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 ストリーミング カテゴリ、選択 HTTP API 次に、 データを追加.

カタログ

この HTTP API アカウントに接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、新しいデータフローを作成する HTTP API アカウントを選択し、「 」を選択します 次へ をクリックして続行します。

既存のアカウント

新しいアカウント

新しいアカウントを作成する場合は、「 新しいアカウント. 表示される入力フォームで、アカウント名とオプションの説明を入力します。 また、次の設定プロパティを指定するオプションも取得されます。

  • 認証: このプロパティは、ストリーミング接続で認証を必要とするかどうかを決定します。 認証を実行すると、データは信頼できるソースから収集されます。個人を特定できる情報 (PII) を扱う場合は、このプロパティをオンにする必要があります。 デフォルトでは、このプロパティはオフになっています。
  • XDM 互換: このプロパティは、このストリーミング接続が XDM スキーマと互換性のあるイベントを送信するかどうかを示します。 デフォルトでは、このプロパティはオフになっています。

終了したら、「 」を選択します。 ソースに接続 次に、 次へ をクリックして続行します。

新規アカウント

データを選択

HTTP API 接続を作成した後、 データを選択 の手順が表示され、データをアップロードおよびプレビューするためのインターフェイスが提供されます。

選択 ファイルをアップロード をクリックしてデータをアップロードします。 または、 ファイルをドラッグ&ドロップ 」セクションに表示されます。

add-data

データのアップロード時に、インターフェイスの右側を使用して、ファイル階層をプレビューできます。 選択 次へ をクリックして続行します。

preview-sample-data

XDM スキーマへのデータフィールドのマッピング

この マッピング の手順が表示され、ソースデータを Platform データセットにマッピングするためのインターフェイスが提供されます。

Parquet ファイルは XDM に準拠している必要があり、手動でマッピングを設定する必要はありません。また、CSV ファイルではマッピングを明示的に設定する必要がありますが、マッピングするソースデータフィールドを選択できます。 JSON ファイルは、XDM に対する苦情としてマークされている場合、手動設定は必要ありません。 ただし、XDM 準拠としてマークされていない場合は、マッピングを明示的に設定する必要があります。

取り込むインバウンドデータのデータセットを選択します。 既存のデータセットを使用するか、新しく作成することができます。

新しいデータセットの作成

新しいデータセットを作成するには、 新しいデータセット. 表示されるフォームで、名前、説明(オプション)、およびデータセットのターゲットスキーマを指定します。 次を選択した場合、 Profileが有効なスキーマの場合は、データセットを Profile-enabled。

new-dataset

既存のデータセットを使用する

既存のデータセットを使用するには、「 」を選択します。 既存のデータセット. 表示されるフォームで、使用するデータセットを選択します。 データセットを選択したら、データセットを次のいずれかにするかを選択できます Profile-enabled。

existing-dataset

標準フィールドをマッピング

必要に応じて、フィールドを直接マッピングするか、データ準備関数を使用してソースデータを変換し、計算値または計算値を導出できます。 マッパー関数と計算フィールドの詳細については、 データ準備関数ガイド または 計算フィールドガイド.

新しいソースフィールドを追加するには、「 新しいマッピングを追加.

add-new-mapping

新しいソースフィールドとターゲットフィールドの組み合わせが表示されます。 新しいソースフィールドを追加するには、 ソースフィールドを選択 入力バー。

select-source-field

この 属性を選択 パネルを使用すると、ファイル階層を参照し、特定のソースフィールドを選択してターゲット XDM フィールドにマッピングできます。 マッピングするソースフィールドを選択したら、 選択 をクリックして続行します。

select-attributes

ソースフィールドを選択して、マッピング先の適切なターゲット XDM フィールドを識別できるようになりました。 ターゲットフィールドセクションの下のスキーマアイコンを選択します。

select-target-field

この ソースフィールドをターゲットフィールドにマッピング ウィンドウが表示され、ターゲットデータセットのスキーマを調べるためのインターフェイスが提供されます。 ソースフィールドに一致するターゲットフィールドを選択し、「 」を選択します。 選択 をクリックして続行します。

map-to-target-field

ソースフィールドがすべて適切なターゲット XDM フィールドにマッピングされたら、「 」を選択します。 次へ

data-prep-complete

データフローの詳細

この データフローの詳細 手順が表示されます。 このページでは、名前とオプションの説明を入力して、作成したデータフローの詳細を指定できます。

データフローの詳細を指定したら、「 」を選択します。 次へ.

データフローの詳細

レビュー

この レビュー 手順が表示され、作成前にデータフローの詳細を確認できます。 詳細は、次のカテゴリ内にグループ化されます。

  • 接続:アカウント名、ソースプラットフォーム、およびソース名が表示されます。
  • データセットの割り当てとフィールドのマッピング:ターゲットデータセットと、データセットが準拠するスキーマを表示します。

詳細が正しいことを確認したら、「 」を選択します。 完了.

レビュー

ストリーミングエンドポイント URL の取得

接続が作成され、ソースの詳細ページが表示されます。 このページには、以前に実行したデータフロー、ID、ストリーミングエンドポイント URL を含む、新しく作成した接続の詳細が表示されます。

endpoint

次の手順

このチュートリアルに従って、ストリーミング HTTP 接続を作成し、ストリーミングエンドポイントを使用して様々な方法でアクセスできるようにしました Data Ingestion API API でストリーミング接続を作成する手順については、ストリーミング接続の作成に関するチュートリアルを参照してください。

データを Platform にストリーミングする方法については、次のチュートリアルをお読みください: 時系列データのストリーミング または ストリーミングレコードデータ.

このページ