UI での Square ソース接続の作成

このチュートリアルでは、 Square Platform ユーザーインターフェイスを使用したソースコネクタ

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

必要な認証情報の収集

次の項目にアクセスするには、 Square アカウントプラットフォームの場合は、次の値を指定する必要があります。

認証情報 説明
ホスト の URL Square インスタンス。
クライアント ID 次に関連付けられたクライアント ID: Square アカウント
クライアント秘密鍵 に関連付けられたクライアント秘密鍵 Square アカウント
アクセストークン アクセストークンは、 Square アカウントを OAuth 2.0 認証で使用します。 アクセストークンは、 Square.
更新トークン 更新トークンは、現在のアクセストークンの有効期限が切れた後に新しいアクセストークンを生成するために使用されます。 更新トークンは、 Square.

これらの資格情報とその取得方法について詳しくは、 Square OAuth に関するドキュメント.

必要な資格情報を収集したら、以下の手順に従って Square アカウントを Platform にリンクできます。

Square アカウントを接続

Platform の UI で、左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択し、ソースワークスペースにアクセスします。カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 支払い カテゴリ、選択 四角形​を選択し、 データを追加.

カタログ

この Square に接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、新しいデータフローを作成する Square アカウントを選択し、「次へ」を選択して続行します。

既存

新しいアカウント

新しいアカウントを作成する場合は、「 新しいアカウント​をクリックし、名前、説明(オプション)および Square 資格情報。 終了したら「ソースに接続」を選択し、新しい接続が確立されるまでしばらく待ちます。

新規

次の手順

このチュートリアルに従うことで、 Square アカウントとプラットフォーム。 次のチュートリアルに進み、 データフローを作成して支払いデータを Platform に取り込む.

このページ