接続する Salesforce Marketing Cloud UI を通じてExperience Platformにアカウント

最終更新日: 2024-02-07
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader
重要

カスタムオブジェクトの取り込みは、現在、 Salesforce Marketing Cloud ソースの統合。

このチュートリアルでは、 Salesforce Marketing Cloud UI 経由でAdobe Experience Platformにアカウントします。

はじめに

このチュートリアルは、 Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に Salesforce Marketing Cloud アカウントを使用する場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップし、次のチュートリアルに進んでください: UI を使用したマーケティング自動化データのExperience Platformへの取り込み.

必要な資格情報の収集

Platform で Salesforce Marketing Cloud アカウントにアクセスするには、次の値を指定する必要があります。

資格情報 説明
ホスト アプリケーションのホストサーバー。 多くの場合、これはサブドメインです。 注意: 次の項目に host 値を指定する場合は、 {subdomain}.rest.marketingcloudapis.com. 例えば、ホスト URL が https://acme-ab12c3d4e5fg6hijk7lmnop8qrst.auth.marketingcloudapis.com/を入力した場合、 acme-ab12c3d4e5fg6hijk7lmnop8qrst.rest.marketingcloudapis.com/ をホスト値として使用します。
クライアント ID 次に関連付けられたクライアント ID: Salesforce Marketing Cloud アプリケーション。
クライアントシークレット に関連付けられたクライアント秘密鍵 Salesforce Marketing Cloud アプリケーション。

の認証の詳細 Salesforce Marketing Cloud、 Salesforce 認証ドキュメント.

Salesforce Marketing Cloud アカウントを接続

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択して、ソースワークスペースにアクセスします。The カタログ は、Experience Platformでサポートされる様々なソースを表示します。

カテゴリのリストから適切なカテゴリを選択できます。 また、検索バーを使用して、特定のソースをフィルタリングすることもできます。

の下 マーケティングの自動化 カテゴリ、選択 SalesforceMarketing Cloud 次に、「 設定.

SalesforceMarketing Cloudソースが選択されたソースカタログ。

The SalesforceMarketing Cloudに接続 ページが表示されます。 このページでは、新しいアカウントを作成するか、既存のアカウントを使用できます。

新規アカウント

新しいアカウントを作成するには、 新しいアカウント アカウントの名前、オプションの説明、および Salesforce Marketing Cloud アカウント。

終了したら「ソースに接続」を選択し、新しい接続が確立されるまでしばらく待ちます。

SalesforceMarketing Cloudの新しいアカウントを認証できる新しいアカウントインターフェイス。

既存のアカウント

既に既存のアカウントがある場合は、「 既存のアカウント 次に、表示されるリストから、使用するアカウントを選択します。

既存の Salesforce アカウントのリストから選択できる既存のMarketing Cloudインターフェイス。

次の手順

このチュートリアルに従うことで、 Salesforce Marketing Cloud アカウントとExperience Platform。 次のチュートリアルに進み、 データフローを作成して、マーケティング自動化データをExperience Platformに取り込む.

このページ