Platform UI を使用した Mailchimp Members ソース接続の作成

このチュートリアルでは、ユーザーインターフェイスを使用して Mailchimp ソースコネクタを作成し、Mailchimp Members データを Adobe Experience Platform に取り込む手順について説明します。

はじめに

このガイドでは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントに関する十分な知識が必要です。

  • ソース:Platform では、さまざまなソースからデータを取り込むと同時に、Platform サービスを使用して取り込んだデータを構造化、ラベル付け、拡張できます。
  • サンドボックス:Platform は、単一の Platform インスタンスを個別の仮想環境に分割する仮想サンドボックスを提供し、デジタル体験アプリケーションの開発および進化を支援します。

必要な認証情報の収集

Mailchimp Members データを Platform に取り込むには、まず、Mailchimp アカウントに対応する適切な認証情報を提供する必要があります。

Mailchimp Members ソースは、OAuth 2 更新コードと基本認証の両方をサポートしています。 これらの認証タイプの詳細については、次の表を参照してください。

OAuth 2 更新コード

認証情報 説明
ホスト MailChimp API への接続に使用するルート URL です。 ルート URL の形式は https://{DC}.api.mailchimp.com で、 {DC} はお使いのアカウントに対応するデータセンターを表します。
認証テスト URL 認証テスト URL は、Mailchimp を Platform に接続する際に認証情報を検証するために使用されます。 これを指定しない場合、代わりにソース接続の作成手順の間に認証情報が自動的にチェックされます。
アクセストークン ソースの認証に使用された、対応するアクセストークン。これは、OAuth ベースの認証に必要です。

OAuth 2 を使用した Platform への Mailchimp アカウント認証の詳細については、こちらの Mailchimp OAuth 2 の使用に関するドキュメントを参照してください。

基本認証

認証情報 説明
ホスト MailChimp API への接続に使用するルート URL です。 ルート URL の形式は https://{DC}.api.mailchimp.com で、{DC} はお使いのアカウントに対応するデータセンターを表します。
ユーザー名 MailChimp アカウントに対応するユーザー名。 これは、基本認証に必要です。
パスワード MailChimp アカウントに対応するパスワードです。 これは、基本認証に必要です。

Platform に Mailchimp Members アカウントを接続

Platform UI で、左側のナビゲーションバーから「ソース」を選択し、「ソース」ワークスペースにアクセスします。 カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

マーケティング自動化のカテゴリで、「Mailchimp キャンペーン」、「データを追加」の順に選択します。

カタログ

Mailchimp キャンペーンアカウントの接続​ページが表示されます。 このページでは、既存のアカウントにアクセスするか、新しいアカウントを作成するかを選択することができます。

既存のアカウント

既存のアカウントを使用するには、新しいデータフローを作成する Mailchimp Members アカウントを選択し、「次へ」を選択して続行します。

既存

新しいアカウント

新しいアカウントを作成する場合は、「新しいアカウント」を選択し、Mailchimp Membersソース接続の詳細の名前と説明を入力します。

新規

OAuth 2 を使用した認証

OAuth 2 を使用するには、「OAuth 2 更新コード」を選択し、ホスト、認証テストURL、アクセストークンの値を入力して「ソースに接続」を選択します。認証情報が検証されるまでしばらく待ってから、「次へ」を選択して続行します。

oauth

基本認証を使用した認証

基本認証を使用する場合は、「基本認証」を選択し、ホスト、ユーザー名、パスワードに値を入力して「ソースに接続」を選択します。認証情報が検証されるまでしばらく待ってから、「次へ」をクリックして続行します。

基本

Mailchimp Members データを選択

ソースが認証されたら、Mailchimp Members アカウントに対応する listId を提供する必要があります。

データを選択ページでlistId を入力して「参照」を選択します。

参照

ページが更新されてインタラクティブスキーマツリーに変わり、データの階層を調べることができます。「次へ」を選択して次に進みます。

select-data

次の手順

Mailchimp アカウントが認証され、Mailchimp Members データが選択されたので、データフローの作成を開始して、Platform にデータを取り込むことができます。 データフローの作成方法に関する詳細な手順については、 マーケティング自動化データを Platform に取り込むためのデータフローの作成のドキュメントを参照してください。

このページ