の作成 Snowflake UI のソース接続

このチュートリアルでは、 Snowflake Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスを使用したソースコネクタ

はじめに

このチュートリアルは、 Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • ソース: Experience Platform を使用すると、様々なソースからデータを取り込みながら、次のコードを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。 Platform サービス。
  • サンドボックス:Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。

必要な資格情報の収集

次の場所でSnowflakeアカウントにアクセス Platformに設定する場合は、次の認証値を指定する必要があります。

資格情報 説明
アカウント 次に関連付けられた完全なアカウント名: Snowflake アカウント 完全修飾 Snowflake アカウント名には、アカウント名、地域、クラウドプラットフォームが含まれます。 たとえば、cj12345.east-us-2.azure のように設定します。アカウント名について詳しくは、 Snowflake document on account identifiers.
ウェアハウス この Snowflake warehouse は、アプリケーションのクエリ実行プロセスを管理します。 各 Snowflake ウェアハウスは互いに独立しており、データを Platform に引き渡す際には、個別にアクセスする必要があります。
データベース この Snowflake データベースには、Platform を取り込むデータが含まれます。
ユーザー名 のユーザー名 Snowflake アカウント
パスワード のパスワード Snowflake ユーザーアカウント。
接続文字列 の Snowflake インスタンス。 次の接続文字列パターン: Snowflake が jdbc:snowflake://{ACCOUNT_NAME}.snowflakecomputing.com/?user={USERNAME}&password={PASSWORD}&db={DATABASE}&warehouse={WAREHOUSE}

これらの値について詳しくは、 このSnowflake文書.

Snowflakeアカウントに接続

Platform UI で、「 ソース 左側のナビゲーションから ソース ワークスペース。 この カタログ 画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、検索バーを使用して、作業対象の特定のソースを見つけることもできます。

以下 データベース カテゴリ、選択 Snowflake 次に、 データを追加.

この Snowflakeに接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントに接続するには、接続するSnowflakeアカウントを選択し、 次へ をクリックして続行します。

新しいアカウント

新しい資格情報を使用している場合は、「 新しいアカウント. 表示される入力フォームで、名前、説明(オプション)およびSnowflakeの資格情報を入力します。 終了したら、「 」を選択します。 接続 その後、新しい接続が確立されるまでしばらく時間をかけます。

次の手順

このチュートリアルに従って、Snowflakeアカウントへの接続を確立しました。 次のチュートリアルに進み、 データをに取り込むためのデータフローの設定 Platform.

このページ