接続する Phoenix UI を使用してExperience Platformにアカウント

最終更新日: 2023-07-26
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

このチュートリアルでは、 Phoenix アカウントとデータの取り込み Phoenix データベースからExperience Platformへ。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に Phoenix アカウントを使用する場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップし、次のチュートリアルに進んでください。 データベースのデータフローの設定.

必要な資格情報の収集

次の項目にアクセスするには、 Phoenix Experience Platformのアカウントでは、次の値を指定する必要があります。

資格情報 説明
ホスト の IP アドレスまたはホスト名 Phoenix サーバー。
ポート TCP ポート Phoenix サーバーは、を使用してクライアント接続をリッスンします。 次に接続する場合: Azure HDInsightsで、ポートを 443 に指定します。 このパラメーターを指定しない場合、値のデフォルトは 8765 です。
HTTP パス URL の一部 Phoenix サーバー。 /hbasephoenix0 を指定します。 Azure HDInsights クラスター。
ユーザー名 次にアクセスするために使用するユーザー名: Phoenix サーバー。
パスワード ユーザーに対応するパスワード。
Enable SSL SSL を使用してサーバーへの接続を暗号化するかどうかを指定するトグル。

の導入について詳しくは、 この Phoenix 文書.

必要な資格情報を収集したら、次の手順に従って、 Phoenix アカウントからExperience Platformへ。

Phoenix アカウントを接続

Platform UI で、「 」を選択します。 ソース 左側のナビゲーションからソースワークスペースにアクセスします。 The カタログ 画面には、「ソース」カタログで使用可能な様々なソースがExperience Platformされます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、検索オプションを使用して特定のソースを検索できます。

選択 データベース ソースカテゴリのリストから、「 」を選択します。 データを追加 から Phoenix カード。

ヒント

ソースカタログ内のソースには、ソースのステータスに応じて異なるプロンプトが表示される場合があります。

  • データを追加 は、選択したソースに関連付けられている既存の認証済みアカウントがあることを意味します。

  • 設定 は、選択したソースを使用するには、資格情報を入力し、新しいアカウントを認証する必要があることを意味します。

Phoenix ソースカードが選択されたExperience PlatformUI 上のソースカタログ。

The Phoenix に接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウントを使用するには、「既存のアカウント」を選択し、表示されるリストから使用するアカウントを選択します。終了したら、「 」を選択します。 次へ をクリックして続行します。

組織に既に存在する認証済みの Phoenix データベースアカウントのリスト。

新しいアカウントを使用するには、 新しいアカウント 名前、説明、 Phoenix 認証資格情報。 終了したら、「 」を選択します。 ソースに接続 そして、新しい接続が確立されるまで数秒間待ちます。

認証資格情報を入力し、Phoenix アカウントを作成できる新しいアカウントインターフェイス。

次の手順

このチュートリアルでは、Phoenix アカウントとの接続を確立しました。次のチュートリアルに進み、 データをExperience Platformに取り込むようにデータフローを設定.

このページ