UI でのGoogle Ads ソース接続の作成

メモ

Google Ads ソースはベータ版です。 詳しくは、 ソースの概要 ベータラベル付きのソースの使用に関する詳細

このチュートリアルでは、Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスを使用してGoogle Ads ソースコネクタを作成する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、 Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に有効なGoogle Ads 接続がある場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップして、 データフローの設定

必要な認証情報の収集

Google Ads アカウントプラットフォームにアクセスするには、次の値を指定する必要があります。

認証情報 説明
クライアント顧客 ID クライアント顧客 ID は、Google Ads API で管理するGoogle Ads クライアントアカウントに対応するアカウント番号です。 この ID は、 123-456-7890.
開発者トークン 開発者トークンを使用すると、Google Ads API にアクセスできます。 同じ開発者トークンを使用して、すべてのGoogle Ads アカウントに対してリクエストを実行できます。 次の方法で開発者トークンを取得します: マネージャーアカウントへのログイン 次に、API センターページに移動します。
更新トークン 更新トークンは、 OAuth2 認証。 このトークンを使用すると、期限切れになったアクセストークンを再生成できます。
クライアント ID クライアント ID は、 OAuth2 認証。 クライアント ID とクライアント秘密鍵を組み合わせることで、Googleへのアプリケーションを識別し、アカウントに代わってアプリケーションを操作できます。
クライアント秘密鍵 クライアントシークレットは、 OAuth2 認証。 クライアント ID とクライアント秘密鍵を組み合わせることで、Googleへのアプリケーションを識別し、アカウントに代わってアプリケーションを操作できます。

API の概要に関するドキュメント ( Google Ads の概要の詳細.

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択し、ソースワークスペースにアクセスします。カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 広告 カテゴリ、選択 Google Ads​を選択し、 データを追加.

Experience PlatformUI ソースカタログ内のGoogle Ads ソースの画像.

この Google Ads に接続 ページが表示されます。 このページでは、新しい資格情報または既存の資格情報を使用できます。

既存のアカウント

既存のアカウントに接続するには、接続するGoogle Ads アカウントを選択し、「 次へ をクリックして続行します。

Google Ads のデータフローを作成するために使用できる、既存のアカウントのリストのイメージ。.

新しいアカウント

新しい資格情報を使用している場合は、「 新しいアカウント. 表示される入力フォームで、名前、説明(オプション)およびGoogle Ads の資格情報を入力します。 終了したら「ソースに接続」を選択し、新しい接続が確立されるまでしばらく待ちます。

Experience PlatformUI の新しいアカウント接続画面の画像.

次の手順

このチュートリアルに従って、Google Ads アカウントへの接続を確立しました。 次のチュートリアルに進み、 広告データを Platform に取り込むためのデータフローの設定.

このページ