Amazon S3 コネクター

Adobe エクスペリエンスプラットフォームには、AWS、、、といったようなクラウドプロバイダー用のネイティブ接続が用意されて Google Cloud Platform Azure います。 では、これらのシステムのデータをに取り込むことができ Platform ます。

クラウドストレージソースは、 Platform ダウンロード、フォーマット、またはアップロードすることなく、独自のデータを作成することができます。 Ingested データは、XDM、XDM Parquet、または区切られた形式にフォーマットすることができます。 プロセスのすべてのステップがソースワークフローに統合されています。 Platform S3 からバッチにデータを取り込むことができます。

IP アドレス許可リスト

ソースコネクタを使用する前に、許可リストに IP アドレスのリストが追加されている必要があります。 使用している地域に固有の IP アドレスを許可リストに追加していないと、ソースを使用しているときにエラーが発生したり、パフォーマンスが低下することがあります。 詳細については、IP アドレス許可リストページを参照してください

ファイルおよびディレクトリの名前付け制約

クラウドストレージファイルまたはディレクトリの名前を指定する場合は、次のような制約について考慮する必要があります。

  • ディレクトリとファイルのコンポーネント名は、255文字を超えることはできません。
  • ディレクトリ名とファイル名の末尾をスラッシュ () にすることはできません / 。 指定されている場合は、自動的に削除されます。
  • 次に示す予約された URL 文字は、適切にエスケープする必要があります。 ! ' ( ) ; @ & = + $ , % # [ ]
  • 次の文字を使用することはできません。 " \ / : | < > * ? .
  • URL パスに無効な文字を使用することはできません。 このようなコードポイント \uE000 は、NTFS ファイルでは有効ですが、有効なユニコード文字ではありません。 さらに、制御文字 (0x00 から0x1F、\u0081 など) を使用することもできますが、コードによっては、ASCII 文字または Unicode 文字を使用することはできません。 HTTP/1.1 で制御される Unicode ストリングのルールについては 、RFC 2616、セクション2.2、「基本ルール」 および「 rfc 3987」を参照してください
  • 指定できるファイル名は、LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、PRN、AUX、NUL、CON、、dot、NUL、CON、および dot 文字 (…)、および2ドット文字 (…) です。

前提条件

S3 を使用して1つのディレクトリを取り込むには、 Identity and Access Management s3 console でプラットフォーム用の (IAM) ユーザーを作成し、次の操作に対するアクセス許可を割り当てます。

  • s3:GetObject
  • s3:GetObjectVersion

接続の確認とテストを行うには、次のアクセス許可も必要です。

  • s3:ListAllMyBuckets
  • s3:ListBucket
  • s3:GetBucketLocation

このようなファイルパスを myBucket/folder/subfolder/subsubfolder/abc.csv 使用してもアクセスでき subsubfolder/abc.csv ます。 サブフォルダーにアクセスする場合は、S3 console のパラメーターとして指定し bucket myBucketfolderPath folder/subfolder ファイル探査が開始されるように「as subfoldersubsubfolder/abc.csv というパラメーターを指定することができます。

接続するには、一時的なセキュリティ資格情報を使用します Amazon S3

Amazon S3一時的なセキュリティの資格情報を使用して接続するには、を使用し s3SessionToken ます。これにより Amazon S3 、恒久的な IAM 資格情報を使用してプラットフォームに接続し Amazon Web Services たり、信頼さ Amazon S3 れていない環境のユーザーにバケットへのアクセスを提供する必要がなくなります。

一時的なセキュリティ資格情報は、通常の長期のアクセスキーの資格情報と同様に機能しますが、仮の資格情報の有効期限を短い日付に設定することはできません。 ライセンス認証後、または数時間後に、有効期限を設定することができます。 一時認証情報もユーザーに含まれているわけではありません。 つまり、一時的な資格情報の有効期限が切れると、そのセットに対する要求が必要になります。

一時的なセッショントークンを生成する手順については、 AWS 一時的なセッション トークンについての説明を参照してください。
.

S3 との接続 Platform

以下に示すのは、Api またはユーザーインターフェイスを使用して S3 を Adobe エクスペリエンスプラットフォームに接続する方法を示しています。

API の使用

UI の使用

このページ