Data Landing Zone

Data Landing Zone は Azure Blob Adobe Experience Platformによってプロビジョニングされたストレージインターフェイス。ファイルを Platform に取り込むための、セキュリティで保護されたクラウドベースのファイルストレージ機能にアクセスできます。 1 つに対するアクセス権があります Data Landing Zone サンドボックスごとのコンテナおよびすべてのコンテナの合計データ量は、Platform 製品およびサービスライセンスで提供される合計データ量に制限されます。 Platform とそのアプリケーションサービスのすべてのお客様 ( Customer Journey Analytics, Journey Orchestration, Intelligent Services、および Real-time Customer Data Platform は、1 つの Data Landing Zone サンドボックスごとのコンテナ を通じて、コンテナに対してファイルの読み取りと書き込みをおこなうことができます。 Azure Storage Explorer またはコマンドラインインターフェイスを使用します。

Data Landing Zone は SAS ベースの認証をサポートし、そのデータは標準で保護されています Azure Blob 保存時および移動時の保管セキュリティメカニズム SAS ベースの認証を使用すると、 Data Landing Zone コンテナを使用して、公開インターネット接続を介して接続できます。 ユーザーが Data Landing Zone コンテナを使用する場合は、ネットワークに対して許可リストや地域間の設定を設定する必要はありません。 Platform では、 Data Landing Zone コンテナ。 すべてのファイルは 7 日後に削除されます。

ファイルとディレクトリの命名制約

以下は、クラウドストレージファイルまたはディレクトリに名前を付ける際に考慮する必要がある制約のリストです。

  • ディレクトリ名とファイルコンポーネント名は 255 文字を超えてはなりません。
  • ディレクトリ名とファイル名の末尾をスラッシュ (/) をクリックします。 指定した場合、自動的に削除されます。
  • 以下の予約 URL 文字は、適切にエスケープする必要があります。 ! ' ( ) ; @ & = + $ , % # [ ]
  • 次の文字は使用できません。 " \ / : | < > * ?.
  • 無効な URL パス文字は使用できません。 次のようなコードポイント \uE000は NTFS ファイル名で有効ですが、有効な Unicode 文字ではありません。 また、制御文字 ( 0x00 から 0x1F, \u0081など ) は許可されていません。 HTTP/1.1 で Unicode 文字列を規定するルールについては、 RFC 2616、セクション 2.2:基本ルール および RFC 3987.
  • 次のファイル名は使用できません。LPT1, LPT2, LPT3, LPT4, LPT5, LPT6, LPT7, LPT8, LPT9, COM1, COM2, COM3, COM4, COM5, COM6, COM8, COM9,prn、AUX、NUL、CON、CLOCK$、ドット文字 (.)、2 つのドット文字 (…)。

コンテンツを管理 Data Landing Zone

以下を使用できます。 Azure Storage Explorer コンテンツを管理するには Data Landing Zone コンテナ。

内 Azure Storage Explorer UI で、左側のナビゲーションで接続アイコンを選択します。 この リソースを選択 ウィンドウが開き、接続するオプションが表示されます。 選択 Blob container 接続する Data Landing Zone.

select-resource

次に、 共有アクセス署名 URL (SAS) を選択し、「 」を選択します。 次へ.

select-connection-method

接続方法を選択した後、次に 表示名 そして Blobコンテナ SAS URL は、 Data Landing Zone コンテナ。

ヒント

次を取得: Data Landing Zone 資格情報を Platform UI のソースカタログから取得します。

次を指定: Data Landing Zone SAS URL を選択し、 次へ

enter-connection-info

この 概要 ウィンドウが開き、設定の概要 ( Blob エンドポイントと権限。 準備が整ったら、「 」を選択します。 接続.

概要

接続が成功すると、次の情報が更新されます: Azure Storage Explorer UI と Data Landing Zone コンテナ。

dlz-user-container

を Data Landing Zone ~に接続された容器 Azure Storage Explorer次に、 Data Landing Zone コンテナ。 アップロードする場合は、「 アップロード 次に、 ファイルをアップロード.

アップロード

アップロードするファイルを選択したら、 Blob としてアップロードするを入力し、目的のアップロード先ディレクトリを指定します。 終了したら、「 」を選択します。 アップロード.

Blob タイプ 説明
ブロック Blob ブロック Blobs は、大量のデータを効率的にアップロードするために最適化されています。 ブロック Blobs は、 Data Landing Zone.
追加 Blob 追加 Blobs は、ファイルの末尾にデータを追加するように最適化されています。

upload-files

ファイルを Data Landing Zone コマンドラインインターフェイスを使用する

また、デバイスのコマンドラインインターフェイスを使用して、 Data Landing Zone.

Bash を使用したファイルのアップロード

次の例では、Bash と cURL を使用して、ファイルを Data Landing Zone と Azure Blob Storage REST API:

# Set Azure Blob-related settings
DATE_NOW=$(date -Ru | sed 's/\+0000/GMT/')
AZ_VERSION="2018-03-28"
AZ_BLOB_URL="<URL TO BLOB ACCOUNT>"
AZ_BLOB_CONTAINER="<BLOB CONTAINER NAME>"
AZ_BLOB_TARGET="${AZ_BLOB_URL}/${AZ_BLOB_CONTAINER}"
AZ_SAS_TOKEN="<SAS TOKEN, STARTING WITH ? AND ENDING WITH %3D>"

# Path to the file we wish to upload
FILE_PATH="</PATH/TO/FILE>"
FILE_NAME=$(basename "$FILE_PATH")

# Execute HTTP PUT to upload file (remove '-v' flag to suppress verbose output)
curl -v -X PUT \
   -H "Content-Type: application/octet-stream" \
   -H "x-ms-date: ${DATE_NOW}" \
   -H "x-ms-version: ${AZ_VERSION}" \
   -H "x-ms-blob-type: BlockBlob" \
   --data-binary "@${FILE_PATH}" "${AZ_BLOB_TARGET}/${FILE_NAME}${AZ_SAS_TOKEN}"

Python を使用したファイルのアップロード

次の例では、 Microsoft’s ファイルをにアップロードする Python v12 SDK Data Landing Zone:

ヒント

次の例では完全な SAS URI を使用して Azure Blob コンテナに含まれる場合は、他のメソッドや操作を使用して認証をおこなうことができます。 参照 Microsoft Python v12 SDK のドキュメント を参照してください。

import os
from azure.storage.blob import ContainerClient

try:
    # Set Azure Blob-related settings
    sasUri = "<SAS URI>"
    srcFilePath = "<FULL PATH TO FILE>"
    srcFileName = os.path.basename(srcFilePath)

    # Connect to container using SAS URI
    containerClient = ContainerClient.from_container_url(sasUri)

    # Upload file to Data Landing Zone with overwrite enabled
    with open(srcFilePath, "rb") as fileToUpload:
        containerClient.upload_blob(srcFileName, fileToUpload, overwrite=True)

except Exception as ex:
    print("Exception: " + ex.strerror)

を使用してファイルをアップロード AzCopy

次の例では、 Microsoft’s AzCopy ファイルをにアップロードするユーティリティ Data Landing Zone:

ヒント

以下の例では copy コマンドを使用すると、他のコマンドやオプションを使用して、ファイルを Data Landing Zone,次を使用 AzCopy. 参照 Microsoft AzCopy 文書 を参照してください。

set sasUri=<FULL SAS URI, PROPERLY ESCAPED>
set srcFilePath=<PATH TO LOCAL FILE(S); WORKS WITH WILDCARD PATTERNS>

azcopy copy "%srcFilePath%" "%sasUri%" --overwrite=true --recursive=true

接続 Data Landing Zone から Platform

以下のドキュメントでは、 Data Landing Zone API またはユーザーインターフェイスを使用してAdobe Experience Platformにコンテナを追加する方法について説明します。

API の使用

UI の使用

このページ