Adobeデータ収集

Adobe Experience Platform は、クライアントサイドのソースから顧客体験データを収集して Adobe Experience Platform Edge Network に送信し、そのデータを強化および変換して、アドビやアドビ以外の宛先に数秒で配信できるようにするテクノロジースイートを提供します。

Adobeのデータ収集のソース統合を使用すると、ソースカタログを通じて、Data Prep for Data Collection を含む Data Collection Experience Edge データにアクセスできるほか、警告のサポートを強化できます。

ソースワークスペースを使用したAdobeデータ収集

Platform UI の左側のナビゲーションバーで「ソース」を選択し、ソースワークスペースにアクセスします。カタログ画面には、アカウントを作成できる様々なソースが表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択することができます。または、使用する特定のソースを検索オプションを使用して探すこともできます。

以下 Adobe カテゴリ、選択 Adobeデータ収集​を選択し、 設定.

データ収集

データ収集 UI が データストリーム タブをクリックします。

データストリームとは、データの送信先を Edge ネットワークに伝える設定のことです。具体的には、データストリームは、データの送信先のExperience Cloud 製品と、各製品でデータを処理および保存する方法を指定します。

datastreams

データ収集 UI の使用方法に関する包括的な手順については、 データ収集のエンドツーエンドの概要.

次の手順

このドキュメントでは、ソースワークスペースを使用してデータ収集 UI にアクセスする方法を学びました。 データ収集について詳しくは、 データ収集の概要.

このページ