API を使用した Flow Service エンティティのドラフトの作成

最終更新日: 2023-11-14
  • トピック:
  • Sources
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

Flow Service APImode=draft クエリパラメーターを使用して、ベース接続、ソース接続、ターゲット接続、データフローなどの Flow Service エンティティをドラフト状態に設定できます。

ドラフトは、後で新しい情報で更新し、準備が整ったら、op=publish クエリパラメーターを使用して公開できます。

このチュートリアルでは、Flow Service エンティティをドラフト状態に設定し、後で完了するためにワークフローを一時停止して保存できるようにする方法の手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

  • ソース:Experience Platform を使用すると、データを様々なソースから取得しながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付け、拡張を行うことができます。
  • サンドボックス:Experience Platform には、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスが用意されています。

Platform API の使用

Platform API を正常に呼び出す方法について詳しくは、Platform API の概要のガイドを参照してください。

ドラフトモードのサポートの確認

使用しているソースの接続仕様 ID と対応するフロー仕様 ID がドラフトモードで有効になっているかどうかも確認する必要があります。

 リクエスト

次のリクエストは、Azure File Storage の接続仕様情報を取得します。

curl -X GET \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connectionSpecs/be5ec48c-5b78-49d5-b8fa-7c89ec4569b8' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
 応答

正常な応答は、ソースの接続仕様情報を返します。ソースでドラフトモードがサポートされているかどうかを確認するには、items[0].attributes.isDraftModeSupported の値が true であることを確認します。

{
    "items": [
        {
            "id": "be5ec48c-5b78-49d5-b8fa-7c89ec4569b8",
            "name": "azure-file-storage",
            "providerId": "0ed90a81-07f4-4586-8190-b40eccef1c5a",
            "version": "1.0",
            "authSpec": [
                {
                    "name": "Basic Authentication",
                    "type": "basicAuthentication",
                    "spec": {
                        "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                        "type": "object",
                        "description": "defines auth params",
                        "properties": {
                            "host": {
                                "type": "string",
                                "description": "Specifies the Azure File Storage endpoint."
                            },
                            "userid": {
                                "type": "string",
                                "description": "Specify the user to access the Azure File Storage."
                            },
                            "password": {
                                "type": "string",
                                "description": "Specify the storage access key",
                                "format": "password"
                            }
                        },
                        "required": [
                            "host",
                            "userid",
                            "password"
                        ]
                    }
                }
            ],
            "sourceSpec": {
                "name": "CloudStorage",
                "type": "CloudStorage",
                "spec": {
                    "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                    "type": "object",
                    "properties": {
                        "path": {
                            "type": "string",
                            "description": "input path for copying files, can be a folder path, file path or a wildcard pattern"
                        },
                        "recursive": {
                            "type": "boolean",
                            "description": "indicates recursive copy in case of folder or wild card path, default is false"
                        }
                    },
                    "required": [
                        "path"
                    ]
                },
                "attributes": {
                    "uiAttributes": {
                        "documentationLink": "http://www.adobe.com/go/sources-azure-file-storage-en",
                        "isSource": true,
                        "category": {
                            "key": "cloudStorage"
                        },
                        "icon": {
                            "key": "azureFileStorage"
                        },
                        "description": {
                            "key": "azureFileStorageDescription"
                        },
                        "label": {
                            "key": "azureFileStorageLabel"
                        }
                    }
                }
            },
            "exploreSpec": {
                "name": "FileSystem",
                "type": "FileSystem",
                "requestSpec": {
                    "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                    "type": "object",
                    "description": "defines explorable objects",
                    "properties": {
                        "objectType": {
                            "type": "string",
                            "enum": [
                                "file",
                                "folder",
                                "root"
                            ]
                        }
                    },
                    "allOf": [
                        {
                            "if": {
                                "properties": {
                                    "objectType": {
                                        "enum": [
                                            "file"
                                        ]
                                    }
                                }
                            },
                            "then": {
                                "properties": {
                                    "object": {
                                        "type": "string",
                                        "description": "defines file to get schema or preview of."
                                    },
                                    "fileType": {
                                        "type": "string",
                                        "enum": [
                                            "delimited"
                                        ]
                                    },
                                    "preview": {
                                        "type": "boolean"
                                    }
                                },
                                "required": [
                                    "object",
                                    "fileType"
                                ]
                            }
                        },
                        {
                            "if": {
                                "properties": {
                                    "objectType": {
                                        "enum": [
                                            "folder"
                                        ]
                                    }
                                }
                            },
                            "then": {
                                "properties": {
                                    "object": {
                                        "type": "string"
                                    }
                                },
                                "required": [
                                    "object"
                                ]
                            }
                        }
                    ]
                },
                "responseSpec": {
                    "root": {
                        "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                        "type": "array",
                        "description": "lists tables/items under the database/container requested.",
                        "items": {
                            "type": "object",
                            "properties": {
                                "type": {
                                    "type": "string",
                                    "description": "defines type of an item."
                                },
                                "name": {
                                    "type": "string",
                                    "description": "defines display name of an item."
                                },
                                "path": {
                                    "type": "string",
                                    "description": "defines path of an item."
                                },
                                "canPreview": {
                                    "type": "boolean",
                                    "default": false,
                                    "description": "defines whether an item is previewable or not."
                                },
                                "canFetchSchema": {
                                    "type": "boolean",
                                    "default": false,
                                    "description": "defines whether schema can be fetched for an item or not."
                                }
                            }
                        }
                    },
                    "folder": {
                        "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                        "type": "array",
                        "items": {
                            "type": "object",
                            "properties": {
                                "type": {
                                    "type": "string"
                                },
                                "name": {
                                    "type": "string"
                                },
                                "path": {
                                    "type": "string"
                                },
                                "canPreview": {
                                    "type": "boolean",
                                    "default": false
                                },
                                "canFetchSchema": {
                                    "type": "boolean",
                                    "default": false
                                }
                            }
                        }
                    },
                    "file": {
                        "delimited": {
                            "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
                            "type": "object",
                            "properties": {
                                "format": {
                                    "type": "string"
                                },
                                "schema": {
                                    "type": "object",
                                    "properties": {
                                        "columns": {
                                            "type": "array",
                                            "items": {
                                                "type": "object",
                                                "properties": {
                                                    "name": {
                                                        "type": "string"
                                                    },
                                                    "type": {
                                                        "type": "string"
                                                    }
                                                }
                                            }
                                        }
                                    }
                                },
                                "data": {
                                    "type": "array",
                                    "items": {
                                        "type": "object"
                                    }
                                }
                            }
                        }
                    }
                }
            },
            "attributes": {
                "category": "Cloud Storage",
                "connectorName": "Azure File Storage",
                "isSource": true,
                "isDraftModeSupported": true,
                "uiAttributes": {
                    "apiFeatures": {
                        "explorePaginationSupported": false
                    }
                }
            },
            "permissionsInfo": {
                "manage": [
                    {
                        "@type": "lowLevel",
                        "name": "EnterpriseSource",
                        "permissions": [
                            "write"
                        ]
                    }
                ],
                "view": [
                    {
                        "@type": "lowLevel",
                        "name": "EnterpriseSource",
                        "permissions": [
                            "read"
                        ]
                    }
                ]
            }
        }
    ]
}
 リクエスト

次のリクエストは、クラウドストレージソースのフロー仕様の詳細を取得します。

curl -X GET \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flowSpecs?property=name==%22CloudStorageToAEP%22' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
 応答

正常な応答は、ソースのフロー仕様情報を返します。ソースでドラフトモードがサポートされているかどうかを確認するには、items[0].attributes.isDraftModeSupported の値が true であることを確認します。

{
  "items": [
    {
      "id": "9753525b-82c7-4dce-8a9b-5ccfce2b9876",
      "name": "CloudStorageToAEP",
      "providerId": "0ed90a81-07f4-4586-8190-b40eccef1c5a",
      "version": "1.0",
      "sourceConnectionSpecIds": [
        "b3ba5556-48be-44b7-8b85-ff2b69b46dc4",
        "ecadc60c-7455-4d87-84dc-2a0e293d997b",
        "b7829c2f-2eb0-4f49-a6ee-55e33008b629",
        "4c10e202-c428-4796-9208-5f1f5732b1cf",
        "fb2e94c9-c031-467d-8103-6bd6e0a432f2",
        "32e8f412-cdf7-464c-9885-78184cb113fd",
        "b7bf2577-4520-42c9-bae9-cad01560f7bc",
        "998b8ae3-cec0-43b7-8abe-40b1eb4ee069",
        "be5ec48c-5b78-49d5-b8fa-7c89ec4569b8",
        "54e221aa-d342-4707-bcff-7a4bceef0001",
        "c85f9425-fb21-426c-ad0b-405e9bd8a46c",
        "26f526f2-58f4-4712-961d-e41bf1ccc0e8"
      ],
      "targetConnectionSpecIds": [
        "c604ff05-7f1a-43c0-8e18-33bf874cb11c"
      ],
      "optionSpec": {
        "name": "OptionSpec",
        "spec": {
          "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
          "type": "object",
          "properties": {
            "errorDiagnosticsEnabled": {
              "title": "Error diagnostics.",
              "description": "Flag to enable detailed and sample error diagnostics summary.",
              "type": "boolean",
              "default": false
            },
            "partialIngestionPercent": {
              "title": "Partial ingestion threshold.",
              "description": "Percentage which defines the threshold of errors allowed before the run is marked as failed.",
              "type": "number",
              "exclusiveMinimum": 0
            }
          }
        }
      },
      "transformationSpecs": [
        {
          "name": "Mapping",
          "spec": {
            "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
            "type": "object",
            "description": "defines various params required for different mapping from source to target",
            "properties": {
              "mappingId": {
                "type": "string"
              },
              "mappingVersion": {
                "type": "string"
              }
            }
          }
        },
        {
          "name": "Encryption",
          "spec": {
            "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
            "type": "object",
            "description": "defines various params required for encrypted data ingestion",
            "properties": {
              "publicKeyId": {
                "type": "string",
                "description": "publicKeyId returned in encryptionKey creation API. One must use the publicKeyId corresponding to the same publicKey they used for encrypting the files"
              }
            }
          }
        }
      ],
      "scheduleSpec": {
        "name": "PeriodicSchedule",
        "type": "Periodic",
        "spec": {
          "$schema": "http://json-schema.org/draft-07/schema#",
          "type": "object",
          "properties": {
            "startTime": {
              "description": "epoch time",
              "type": "integer"
            },
            "frequency": {
              "type": "string",
              "enum": [
                "once",
                "minute",
                "hour",
                "day",
                "week"
              ]
            },
            "interval": {
              "type": "integer"
            },
            "backfill": {
              "type": "boolean",
              "default": true
            }
          },
          "required": [
            "startTime",
            "frequency"
          ],
          "if": {
            "properties": {
              "frequency": {
                "const": "once"
              }
            }
          },
          "then": {
            "allOf": [
              {
                "not": {
                  "required": [
                    "interval"
                  ]
                }
              },
              {
                "not": {
                  "required": [
                    "backfill"
                  ]
                }
              }
            ]
          },
          "else": {
            "required": [
              "interval"
            ],
            "if": {
              "properties": {
                "frequency": {
                  "const": "minute"
                }
              }
            },
            "then": {
              "properties": {
                "interval": {
                  "minimum": 15
                }
              }
            },
            "else": {
              "properties": {
                "interval": {
                  "minimum": 1
                }
              }
            }
          }
        }
      },
      "attributes": {
        "isSourceFlow": true,
        "flacValidationSupported": true,
        "isDraftModeSupported": true,
        "frequency": "batch",
        "notification": {
          "category": "sources",
          "flowRun": {
            "enabled": true
          }
        }
      },
      "permissionsInfo": {
        "manage": [
          {
            "@type": "lowLevel",
            "name": "EnterpriseSource",
            "permissions": [
              "write"
            ]
          }
        ],
        "view": [
          {
            "@type": "lowLevel",
            "name": "EnterpriseSource",
            "permissions": [
              "read"
            ]
          }
        ]
      }
    }
  ]
}

ドラフトベース接続の作成

ドラフトベース接続を作成するには、Flow Service API の /connections エンドポイントに対して POST リクエストを実行し、クエリパラメーターとして mode=draft を指定します。

API 形式

POST /connections?mode=draft
パラメーター 説明
mode ベース接続の状態を決定するユーザー指定のクエリパラメーター。ベース接続をドラフトとして設定するには、modedraft に設定します。

リクエスト

次のリクエストは、Azure File Storage ソースのドラフトベース接続を作成します。

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "name": "ACME Azure File Storage Base Connection",
        "description": "Azure File Storage base connection for ACME data (DRAFT)",
        "auth": {
            "specName": "Basic Authentication",
            "params": {
                    "host": "{HOST}",
                    "userId": "{USER_ID}",
                    "password": "{PASSWORD}"
                }
        },
        "connectionSpec": {
            "id": "be5ec48c-5b78-49d5-b8fa-7c89ec4569b8",
            "version": "1.0"
        }
      }'

応答

正常な応答は、ベース接続 ID と、ドラフトベース接続に対応する etag を返します。後でこの ID を使用して、ベース接続を更新および公開できます。

{
    "id": "f9377f50-607a-4818-b77f-50607a181860",
    "etag": "\"2f0276fa-0000-0200-0000-5eab3abb0000\""
}

ドラフトベース接続の公開

ドラフトを公開する準備が整ったら、/connections エンドポイントに POST リクエストを実行し、公開するドラフトベース接続の ID と、公開用のアクション操作を指定します。

API 形式

POST /connections/{BASE_CONNECTION_ID}/action?op=publish
パラメーター 説明
op クエリされたベース接続の状態を更新するアクション操作。ドラフトベース接続を公開するには、oppublish に設定します。

リクエスト

次のリクエストは、前の手順で作成した Azure File Storage のドラフトベース接続を公開します。

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections/f9377f50-607a-4818-b77f-50607a181860/action?op=publish' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \

応答

正常な応答は、ID と、公開されたベース接続に対応する etag を返します。

{
    "id": "f9377f50-607a-4818-b77f-50607a181860",
    "etag": "\"2f0276fa-0000-0200-0000-5eab3abb0000\""
}

ドラフトソース接続の作成

ドラフトソース接続を作成するには、Flow Service API の /sourceConnections エンドポイントに対して POST リクエストを実行し、クエリパラメーターとして mode=draft を指定します。

API 形式

POST /sourceConnections?mode=draft
パラメーター 説明
mode ソース接続の状態を決定するユーザー指定のクエリパラメーター。ソース接続をドラフトとして設定するには、modedraft に設定します。

リクエスト

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/sourceConnections?mode=draft' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
      "name": "ACME Azure File Storage Source Connection",
      "description: "Azure File Storage source connection for ACME data (DRAFT)",
      "baseConnectionId": "f9377f50-607a-4818-b77f-50607a181860",
      "data": {
          "format": "delimited",
      },
      "params": {
          "path": "/acme/summerCampaign/account.csv",
          "type": "file"
      },
      "connectionSpec": {
          "id": "be5ec48c-5b78-49d5-b8fa-7c89ec4569b8",
          "version": "1.0"
      }
  }'

応答

正常な応答は、ソース接続 ID と、ドラフトソース接続に対応する etag を返します。この ID を後で使用して、ソース接続を更新および公開できます。

{
    "id": "26b53912-1005-49f0-b539-12100559f0e2",
    "etag": "\"11004d97-0000-0200-0000-5f3c3b140000\""
}

ドラフトソース接続の公開

メモ

関連付けられたベース接続がまだドラフト状態である場合、ソース接続を公開することはできません。ソース接続を公開する前に、最初にベース接続が公開されていることを確認してください。

ドラフトを公開する準備が整ったら、/sourceConnections エンドポイントに対して POST リクエストを実行し、公開するドラフトソース接続の ID と公開用のアクション操作を指定します。

API 形式

POST /sourceConnections/{SOURCE_CONNECTION_ID}/action?op=publish
パラメーター 説明
op クエリされたソース接続の状態を更新するアクション操作。ドラフトソース接続を公開するには、oppublish に設定します。

リクエスト

次のリクエストは、前の手順で作成した Azure File Storage のドラフトソース接続を公開します。

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections/26b53912-1005-49f0-b539-12100559f0e2/action?op=publish' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \

応答

正常な応答は、ID と、公開したソース接続に対応する etag を返します。

{
    "id": "26b53912-1005-49f0-b539-12100559f0e2",
    "etag": "\"11004d97-0000-0200-0000-5f3c3b140000\""
}

ドラフトターゲット接続の作成

ドラフトターゲット接続を作成するには、Flow Service API の /targetConnections エンドポイントに対して POST リクエストを実行し、クエリパラメーターとして mode=draft を指定します。

API 形式

POST /targetConnections?mode=draft
パラメーター 説明
mode ターゲット接続の状態を決定するユーザー指定のクエリパラメーター。ターゲット接続をドラフトとして設定するには、modedraft に設定します。

リクエスト

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/targetConnections?mode=draft' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
      "name": "ACME Azure File Storage Target Connection",
      "description": "Azure File Storage target connection ACME data (DRAFT)",
      "data": {
          "schema": {
              "id": "{SCHEMA_ID}",
              "version": "application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1"
          }
      },
      "params": {
          "dataSetId": "{DATASET_ID}"
      },
          "connectionSpec": {
          "id": "c604ff05-7f1a-43c0-8e18-33bf874cb11c",
          "version": "1.0"
      }
  }'

応答

正常な応答は、ターゲット接続 ID と、ドラフトターゲット接続に対応する etag を返します。この ID を後で使用して、ターゲット接続を更新および公開できます。

{
    "id": "dbc5c132-bc2a-4625-85c1-32bc2a262558",
    "etag": "\"8e000533-0000-0200-0000-5f3c40fd0000\""
}

ドラフトターゲット接続の公開

メモ

関連付けられたベース接続がまだドラフト状態である場合、ターゲット接続を公開することはできません。ターゲット接続を公開する前に、最初にベース接続が公開されていることを確認してください。

ドラフトを公開する準備が整ったら、/targetConnections エンドポイントに対して POST リクエストを実行し、公開するドラフトターゲット接続の ID と公開用のアクション操作を指定します。

API 形式

POST /targetConnections/{TARGET_CONNECTION_ID}/action?op=publish
パラメーター 説明
op クエリされたターゲット接続の状態を更新するアクション操作。ドラフトターゲット接続を公開するには、oppublish に設定します。

リクエスト

次のリクエストは、前の手順で作成した Azure File Storage のドラフトターゲット接続を公開します。

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections/dbc5c132-bc2a-4625-85c1-32bc2a262558/action?op=publish' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \

応答

正常な応答は、ID と、公開したターゲット接続に対応する etag を返します。

{
    "id": "dbc5c132-bc2a-4625-85c1-32bc2a262558",
    "etag": "\"8e000533-0000-0200-0000-5f3c40fd0000\""
}

ドラフトデータフローの作成

データフローをドラフトとして設定するには、mode=draft をクエリパラメーターとして追加したうえで、/flows エンドポイントに対して POST リクエストを行います。これにより、データフローを作成し、ドラフトとして保存できます。

API 形式

POST /flows?mode=draft
パラメーター 説明
mode データフローの状態を決定するユーザー指定のクエリパラメーター。データフローをドラフトとして設定するには、modedraft に設定します。

リクエスト

次のリクエストでは、ドラフトデータフローを作成しています。

  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows?mode=draft' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
    "name": "ACME Azure File Storage Dataflow",
    "description": "Azure File Storage dataflow for ACME data (DRAFT)",
    "sourceConnectionIds": [
        "26b53912-1005-49f0-b539-12100559f0e2"
    ],
    "targetConnectionIds": [
        "dbc5c132-bc2a-4625-85c1-32bc2a262558"
    ],
    "flowSpec": {
        "id": "9753525b-82c7-4dce-8a9b-5ccfce2b9876",
        "version": "1.0"
    }
  }'

応答

正常な応答は、フロー ID と、ドラフトデータフローに対応する etag を返します。この ID を後で使用して、データフローを更新および公開できます。

{
  "id": "c9751426-dff8-49b0-965f-50defcf4187b",
  "etag": "\"69057131-0000-0200-0000-640f48320000\""
}

ドラフトデータフローの公開

メモ

関連付けられたソース接続とターゲット接続がまだドラフト状態である場合、データフローを公開することはできません。 データフローを公開する前に、最初にソース接続とターゲット接続が公開されていることを確認してください。

ドラフトを公開する準備が整ったら、公開するドラフトデータフローの ID と公開用のアクション操作を指定したうえで、/flows エンドポイントに対して POST リクエストを行います。

API 形式

POST /flows/{FLOW_ID}/action?op=publish
パラメーター 説明
op クエリされたデータフローの状態を更新するアクション操作。ドラフトデータフローを公開するには、oppublish に設定します。

リクエスト

次のリクエストでは、ドラフトデータフローを公開しています。

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/c9751426-dff8-49b0-965f-50defcf4187b/action?op=publish' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \

応答

正常な応答は、データフローの ID と対応する etag を返します。

{
  "id": "c9751426-dff8-49b0-965f-50defcf4187b",
  "etag": "\"69057131-0000-0200-0000-640f48320000\""
}

次の手順

このチュートリアルに従うと、Flow Service エンティティのドラフトを作成し、これらのドラフトを公開する方法を学ぶことができます。ソースについて詳しくは、ソースの概要を参照してください。

このページ