時間制約のリファクタリング

2020 年 10 月のAdobe Experience Platformのリリースで、Adobe Experience Platformセグメント化サービスのパフォーマンスが変更され、OR および AND 論理演算子の使用に新しい制限が追加されました。 これらの変更は、セグメントビルダー UI を使用して新しく作成または編集したセグメントに影響します。 このガイドでは、これらの変更を軽減する方法を説明します。

2020 年 10 月のリリースより前は、ルールレベル、グループレベル、イベントレベルの時間制約はすべて、同じタイムスタンプを冗長的に参照していました。 時間制約の使用を明確にするために、ルールレベルとグループレベルの時間制約は削除されました。 この変更に対応するために、すべての時間制約をイベントレベルの時間制約として書き換える必要があります。

以前は、個々のイベントに複数の時間制限ルールを付加していました。

このように、このセグメントは、ルールレベルで 2 つの制約を持ちます。1 つは「​ 今日 ​」、もう 1 つは「​ 昨日 ​」です。

前のセグメントは次のセグメントと同じです。イベントレベルの時間制約は両方とも、AND 演算子を使用して結び付けられています。 最初のイベントレベルの時間制約は、名前が「Training」に等しく今日に発生するクリックイベントを参照し、2 番目のイベントレベルの時間制約は、名前が「Pets」に等しく昨日に発生するクリックイベントを参照します。

この時間制約のリファクタリングは、OR 演算子を使用して接続される時間制約にも影響します。

このページ