セグメンテーションサービス API を使用した作業の開始

Adobe エクスペリエンスプラットフォーム Segmentation Service を使用して、データからセグメントを作成し、対象ユーザーを adobe の操作プラットフォームで生成でき Real-time Customer Profile ます。

デベロッパーガイドでは、を使用するための様々なサービスについて、理解しておく必要があり Experience Platform Segmentation Service ます。

  • Segmentation「」: データから対象ユーザーセグメントを作成できます Real-time Customer Profile 。
  • Experience Data Model (XDM) System:顧客体験データを編成する際に Experience Platform に使用される標準化されたフレームワーク。セグメンテーションを最大限に活用するには、データモデリングのベストプラクティスに従い、データをプロファイルとイベントとして ingested にしておく必要が 🔗 あります。
  • Real-time Customer Profile:複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの顧客プロファイルを提供します。
  • サンドボックス:Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。

以下の各セクションでは、API を正常に使用するために必要な追加情報について説明し Segmentation ます。

API 呼び出し例の読み取り

Segmentation Service API ドキュメントには、API 呼び出しの例とリクエストの形式を指定する方法が示されています。これには、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、 トラブルシューテングガイドのAPI 呼び出し例の読み方に関する節を参照してくださいExperience Platform。

必須ヘッダー

また、API ドキュメントでは、 エンドポイントを正しく呼び出すために、認証に関するチュートリアルを完了している必要があります。Platform次に示すように、Experience Platform API 呼び出しにおける各必須ヘッダーの値は認証チュートリアルで説明されています。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

Experience Platform のすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。Api に対するすべての要求には Platform 、操作を行うサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
メモ

でのサンドボックスの操作について詳しくは、 Experience Platform 「サンドボックスの概要」を参照してください 🔗

次の手順

API を使用して呼び出しを行うに Segmentation Service は、左側のナビゲーションまたはデベロッパーズガイドのいずれかを使用して、使用可能なエンドポイントガイドのいずれかを選択します。 🔗

このページ