Query Service の概要

Adobe Experience Platform は様々なソースからデータを取得します。マーケターにとっての主要な課題は、このデータの意味を理解して、顧客に関するインサイトを得ることです。Adobe Experience PlatformQuery Serviceは、Platformのクエリデータに標準のSQLを使えるようにすることで、それを容易にします。 Query Serviceを使用すると、Data Lake内の任意のデータセットに参加し、クエリ結果を新しいデータセットとして取り込み、レポート、機械学習、またはReal-time Customer Profileへの取り込みに使用できます。 このドキュメントでは、Experience Platform内のQuery Serviceの役割の概要を説明します。

Query Service ブランドがオンラインからオフラインへの顧客ジャーニーを結び付け、オムニチャネルアトリビューションを理解できるようになります。次のビデオでは、エクスペリエンスビジネスがQuery Serviceを活用して主要な使用例やQuery Serviceの仕組みに対処する方法を示します。

使用 Query Service

Query Service には、データをより良く分析するためのSQLクエリを作成できるユーザーインターフェイスとRESTful APIが用意されています。ユーザーインターフェイスを使用すると、クエリの記述と実行、以前に実行されたクエリの表示、IMS 組織内のユーザーによって保存されたクエリへのアクセスをおこなうことができます。ユーザーインターフェイスは、より広範なデータセットに対してクエリを実行する前に、クエリをテストするためのサンドボックスとして使用されます。Platform内でのインタラクティブサービスの使用について詳しくは、クエリサービスユーザーインターフェイスガイドを参照してください。 RESTful API も同様のエクスペリエンスを提供し、クエリの記述と実行、将来の使用と繰り返しに備えたクエリのスケジュール、記述するクエリのテンプレートの作成をプログラムで行えるようにします。Query Service APIの使用について詳しくは、クエリサービス開発者ガイドを参照してください。

Query Service および Experience Platform サービス

Query Service が相互に作用し、複数の Experience Platform サービスと組み合わせて使用できます。Query Service’sの機能を最大限に活用するために、これらのサービスとQuery Serviceとのやり取り方を理解することをお勧めします。

Data Science Workspace

Adobe Experience PlatformData Science Workspaceは、機械学習と人工知能を使ってExperience Platformに保存されたデータから洞察を得ています。 Data Science Workspace を使用すると、データサイエンティストは、顧客とそのアクティビティに関するレコードと時系列データに基づいてレシピを作成できるため、購入傾向やユーザーが評価して使用する可能性の高い推奨オファーなどの予測が容易になります。Query ServiceをJupyterLabに統合することで、Data Science Workspace内でSQLを使用できます。これにより、Adobe Analyticsデータの調査、変換、分析が可能になります。 Data Science Workspaceの詳細についてはData Science Workspaceの概要を、Data Science WorkspaceとQuery Serviceとの相互作用についてはQuery Service統合ガイドをお読みください。

Segmentation Service

Adobe Experience PlatformSegmentation Serviceは、同様の特徴を持つ小さなグループに顧客を分けることをユーザーに許可します。 その後、これらのセグメントを評価して、Real-time Customer Profileデータの分析を改善できます。 Query Service を使用して、内のこのセグメントデータに対してクエリを実行することで、この分析を提供でき Data Lakeます。セグメント化の詳細については、Segmentation Serviceの概要をお読みください。セグメントの分析方法の詳細については、Profile Query Language (PQL)のガイドを参照してください。

Looker BIの使用例

Adobe Experience Platformでは、行動、CRM、POS(販売時点情報)データを含むすべての保存済みデータセットを取り込み、保存、構造化、取り込みできます。 Experience Platform’s Query Serviceを使用すると、これらのデータセットにクエリし、ビジネスに関する特定の質問に答え、開始がインパクトのあるインサイトを生成できます。 次のビデオでは、Query Serviceを使用してビジネスインテリジェンス(BI)ツールでダッシュボードを作成する価値を示します。

次の手順とその他のリソース

このドキュメントを読むことで、Query Serviceに紹介され、Experience Platformの範囲内での機能がどのように機能するかを知ることができます。 Query Service API内の様々なエンドポイントとの対話について詳しくは、クエリサービス開発者ガイドをお読みください。 Platform内でのインタラクティブサービスの使用について詳しくは、クエリサービスユーザーインターフェイスガイドを参照してください。 外部クライアントとQuery Serviceの接続に関する包括的なリストについては、クエリサービスクライアントの概要を参照してください。

クエリを実行する準備を整えるために、次のビデオをご覧ください。 このビデオでは、クエリエディタインターフェイス、PSQLクライアント、ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューション、およびHTTP APIでのクエリの実行に関するヒントとベストプラクティスを紹介します。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now