Adobe Experience Platform はじめに Query Service

組織がAdobe Experience Platform用にプロビジョニングされると、管理者がユーザーに Query Service. が提供するすべての機能を利用する前に Query Serviceただし、最初にデータをAdobe Experience Platformに取り込む必要があります。

この データ取り込みチュートリアルビデオ では、データセットの作成、データセットのスキーマへのマッピング、データセットへのデータの追加、取得の確認に関する概要を説明します。 この 取得の概要ドキュメント を補足し、より詳細な情報や他の学習リソースへのリンクを提供します。

データをAdobe Experience Platformに取り込んだら、 Query Service 次のいずれかを使用: Query Editor (Platform UI の) または Query Service API. これらの各ツールの使用方法に関する完全なドキュメントは、それぞれの節で参照できます。

次の手順

このドキュメントでは、 Query Service Experience Platformの機能 詳しくは、 Query Service のメリットデータ処理について詳しくは、 使用例のプレゼンテーション.

次のリソースは、 Query Service:

このページ