Tableauをクエリサービスに接続

このドキュメントでは、TableauとAdobe Experience PlatformQuery Serviceを接続する手順を説明します。

メモ

このガイドは、Tableauへのアクセス権が既にあり、そのインターフェイスの操作方法に精通していることを前提としています。 Tableauに関する詳細は、正式な Tableau ドキュメントを参照してください。

TableauをQuery Serviceに接続するには、Tableauを開き、To a Server​セクションで​More​を選択し、次に​PostgreSQL​を選択します

現在は、値を入力してAdobe Experience Platformと接続できます。 データベース名、ホスト、ポート、ログイン資格情報の検索について詳しくは、Platform の資格情報ページを参照してください。資格情報を探すには、Platformにログインし、クエリ​を選択してから、資格情報​を選択します。

接続を試みる前に、「SSL Required」ボックスをオンにしていることを確認してください。

すべての資格情報を入力した後、Sign In​を選択して続行します。

これでAdobe Experience Platformとつながり、テーブルのリストが横に表示されました。

次の手順

Query Serviceに接続したので、Tableauを使ってクエリを書くことができます。 クエリの書き込みと実行の方法の詳細については、実行中のクエリのガイドを参照してください。

このページ