接続 RStudio クエリサービスへ

このドキュメントでは、 RStudio Adobe Experience Platform Query Service.

メモ

RStudio は現在、 Posit. RStudio 製品名は「 Posit Connect, Posit Workbench, Posit Package マネージャ Posit Cloud、および Posit Academy.

このガイドは、ユーザーが既に RStudio そしてその使い方に精通している 詳細情報: RStudio は 公式 RStudio ドキュメント.

また、 RStudio クエリサービスを使用する場合は、 PostgreSQL JDBC 4.2 ドライバ。 JDBC ドライバーは、 PostgreSQL 公式サイト.

の作成 Query Service 接続 RStudio インターフェイス

インストール後 RStudioRJDBC パッケージをインストールする必要があります。 方法に関する説明 コマンドラインを使用してデータベースを接続する は公式の Posit ドキュメントに記載されています。

Mac OS を使用している場合は、 ツール メニューバーから、 パッケージのインストール をドロップダウンメニューから選択します。 または、 Packages RStudio UI の「 」タブで、「 」を選択します。 Install.

ポップアップが表示され、 Install Packages 画面 以下を確認します。 Repository (CRAN)Install from 」セクションに入力します。 の値 Packages は、 RJDBC. 確認 Install dependencies が選択されている。 すべての値が正しいことを確認したら、「 」を選択します。 Install をクリックして、パッケージをインストールします。 RJDBC パッケージがインストールされたので、を再起動します。 RStudio をクリックして、インストールプロセスを完了します。

後 RStudio が再起動され、クエリサービスに接続できるようになりました。 を選択します。 RJDBC パッケージを Packages ウィンドウに移動し、コンソールに次のコマンドを入力します。

pgsql <- JDBC("org.postgresql.Driver", "{PATH TO THE POSTGRESQL JDBC JAR}", "`")

ここで、 {PATH TO THE POSTGRESQL JDBC JAR} は、 PostgreSQL お使いのコンピューターにインストールされた JDBC JAR。

これで、クエリサービスへの接続を作成できます。 コンソールで次のコマンドを入力します。

qsconnection <- dbConnect(pgsql, "jdbc:postgresql://{HOSTNAME}:{PORT}/{DATABASE_NAME}?user={USERNAME}&password={PASSWORD}&sslmode=require")
重要

詳しくは、 Query Service SSL ドキュメント を参照して、Adobe Experience Platform Query Service へのサードパーティ接続の SSL サポートと、 verify-full SSL モード。

データベース名、ホスト、ポート、ログイン資格情報の検索の詳細については、 資格情報ガイド. 資格情報を検索するには、にログインします。 Platformを選択し、「 クエリ​に続いて 資格情報.

コンソール出力のメッセージで、クエリサービスへの接続を確認します。

クエリの記述

これで、 Query Serviceを使用すると、SQL 文を実行および編集するクエリを記述できます。 たとえば、dbGetQuery(con, sql) を使用してクエリを実行できます。ここで、sql は実行する SQL クエリです。

次のクエリでは、 エクスペリエンスイベント およびは、デバイスの画面の高さを指定して、Web サイトのページビューのヒストグラムを作成します。

df_pageviews <- dbGetQuery(con,
"SELECT t.range AS buckets,
 Count(*) AS pageviews
FROM (SELECT CASE
 WHEN device.screenheight BETWEEN 0 AND 99 THEN '0 - 99'
 WHEN device.screenheight BETWEEN 100 AND 199 THEN '100-199'
 WHEN device.screenheight BETWEEN 200 AND 299 THEN '200-299'
 WHEN device.screenheight BETWEEN 300 AND 399 THEN '300-399'
 WHEN device.screenheight BETWEEN 400 AND 499 THEN '400-499'
 WHEN device.screenheight BETWEEN 500 AND 599 THEN '500-599'
 ELSE '600-699'
 end AS range
 FROM aa_post_vals_3) t
GROUP BY t.range
ORDER BY buckets
LIMIT 1000000")

成功応答は、クエリの結果を返します。

df_pageviews
 buckets pageviews
1 0 - 99 198985
2 500-599 67138
3 300-399 2147
4 200-299 354
5 400-499 6947
6 100-199 4415
7 600-699 3097040

次の手順

クエリの書き込みと実行の方法について詳しくは、 クエリの実行.

このページ