RStudioをクエリサービスに接続

このドキュメントでは、RStudioとAdobe Experience PlatformQuery Serviceを結ぶ手順を順を追って説明します。

メモ

このガイドは、RStudioへのアクセス権が既にあり、その使い方に精通していることを前提としています。 RStudioに関する詳細は、正式な RStudio ドキュメントを参照してください。

さらに、クエリサービスでRStudioを使用するには、PostgreSQL JDBC 4.2ドライバーをインストールする必要があります。 JDBCドライバはPostgreSQL公式サイトからダウンロードできます。

RStudioインターフェイスにQuery Service接続を作成する

RStudioをインストールした後、RJDBCパッケージをインストールする必要があります。 Packages​ウィンドウに移動し、Install​を選択します。

Install Packages​画面が表示され、ポップアップが表示されます。 Install from​セクションで​Repository (CRAN)​が選択されていることを確認します。 Packages​の値はRJDBCにする必要があります。 Install dependencies​が選択されていることを確認します。 すべての値が正しいことを確認したら、Install​を選択してパッケージをインストールします。

RJDBCパッケージがインストールされたら、RStudioを再起動してインストールプロセスを完了します。

RStudioを再起動した後、クエリサービスに接続できるようになりました。 Packages​ウィンドウで​RJDBC​パッケージを選択し、コンソールで次のコマンドを入力します。

pgsql <- JDBC("org.postgresql.Driver", "{PATH TO THE POSTGRESQL JDBC JAR}", "`")

{PATH TO THE POSTGRESQL JDBC JAR}は、コンピューターにインストールされたPostgreSQL JDBC JARへのパスを表します。

コンソールで次のコマンドを入力して、クエリサービスへの接続を作成できます。

qsconnection <- dbConnect(pgsql, "jdbc:postgresql://{HOSTNAME}:{PORT}/{DATABASE_NAME}?user={USERNAME}&password={PASSWORD}&sslmode=require")
メモ

データベース名、ホスト、ポート、ログイン資格情報の検索について詳しくは、Platform の資格情報ページを参照してください。資格情報を探すには、Platformにログインし、クエリ​を選択してから、資格情報​を選択します。

クエリの記述

Query Serviceに接続したので、SQL文を実行および編集するクエリを書き込むことができます。 たとえば、dbGetQuery(con, sql) を使用してクエリを実行できます。ここで、sql は実行する SQL クエリです。

次のクエリでは、エクスペリエンスイベントを含むデータセットを使用し、デバイスの画面の高さが決まると、Webサイトのページ表示のヒストグラムを作成します。

df_pageviews <- dbGetQuery(con,
"SELECT t.range AS buckets, 
 Count(*) AS pageviews 
FROM (SELECT CASE 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 0 AND 99 THEN '0 - 99' 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 100 AND 199 THEN '100-199' 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 200 AND 299 THEN '200-299' 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 300 AND 399 THEN '300-399' 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 400 AND 499 THEN '400-499' 
 WHEN device.screenheight BETWEEN 500 AND 599 THEN '500-599' 
 ELSE '600-699' 
 end AS range 
 FROM aa_post_vals_3) t 
GROUP BY t.range 
ORDER BY buckets 
LIMIT 1000000")

成功応答は、クエリの結果を返します。

df_pageviews
 buckets pageviews
1 0 - 99 198985
2 500-599 67138
3 300-399 2147
4 200-299 354
5 400-499 6947
6 100-199 4415
7 600-699 3097040

次の手順

クエリの書き込みと実行の方法の詳細については、実行中のクエリのガイドを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free