Aqua Data Studioをクエリサービスに接続

このドキュメントでは、Aqua Data StudioをAdobe Experience PlatformQuery Serviceに接続する手順を説明します。

メモ

このガイドは、Aqua Data Studioへのアクセス権が既にあり、そのインターフェイスの操作方法に精通していることを前提としています。 Aqua Data Studioに関する詳細は、正式な Aqua Data Studio ドキュメントを参照してください。

Aqua Data Studioをインストールした後は、まずサーバを登録する必要があります。 メインメニューで​Server​を選択し、次に​Register Server​を選択します。

Register Server​ダイアログが表示されます。 「General」タブで、左側のリストから「PostgreSQL」を選択します。 表示されるダイアログで、サーバー設定の次の詳細を指定します。

  • Name:接続の名前。
  • Login Name and Password:使用するログイン資格情報。ユーザー名は、ORG_ID@AdobeOrg の形式をとります。
  • Host and Port:のホストエンドポイントとそのポート Query Service。Query Serviceに接続するには、ポート80を使用する必要があります。
  • Database:使用するデータベース。
メモ

ログイン資格情報、ホスト、ポート、データベース名の検索について詳しくは、Platform の資格情報ページを参照してください。資格情報を探すには、Platformにログインし、クエリ​を選択してから、資格情報​を選択します。

Driver」タブを選択します。Parameters​の下で、値を?sslmode=requireに設定します

接続の詳細を入力したら、Test Connection​を選択して、秘密鍵証明書が正しく機能することを確認します。 接続に成功した場合は、Save​を選択してサーバーを登録します。 登録が成功するとダッシュボードに接続が表示され、サーバーに接続してスキーマオブジェクトを表示できることが確認されます。

次の手順

Query Serviceに接続したので、Aqua Data Studio内で​Query Analyzer​を使用してSQL文を実行し、編集できます。 クエリの書き込みおよび実行方法について詳しくは、『クエリ実行ガイド』を参照してください。

このページ