Observability Insights API使用の手引き

Observability Insights APIを使用すると、Adobe Experience Platformの様々な機能の指標データを取得できます。 このドキュメントでは、Observability Insights APIを呼び出す前に知っておく必要があるコア概念の紹介を行います。

API 呼び出し例の読み取り

Observability Insights APIドキュメントには、リクエストをフォーマットする方法を示すAPI呼び出しの例が記載されています。 この中には、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。サンプルAPI呼び出しに関するドキュメントで使用される規則について詳しくは、Experience PlatformトラブルシューティングガイドのAPI呼び出し例を読む方法に関する節を参照してください。

必須ヘッダー

Platform API を呼び出すには、まず認証チュートリアルを完了する必要があります。次に示すように、すべての Experience Platform API 呼び出しに必要な各ヘッダーの値は認証チュートリアルで説明されています。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

Experience Platform内のすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。 Platform APIへのすべてのリクエストには、操作が実行されるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。 Platformのサンドボックスについて詳しくは、サンドボックスの概要ドキュメントを参照してください。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}

次の手順

Observability Insights APIを使用して呼び出しを開始するには、metrics endpoint guideに進みます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now