ブラウザー UI のブラウザーとExperience Platformのサポート

最終更新日: 2023-11-04
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイス (UI) は、複数のブラウザーと言語をサポートするように設計されています。

ブラウザーのサポート

Platform UI は、 最新バージョン Google Chrome、Safari、Firefox およびMicrosoft Edge の 古いバージョンのブラウザーでは、特定の機能の使用に問題が生じる場合があります。

オペレーティングシステム サポートされているブラウザー
Mac OS X Google Chrome、Safari、Firefox
Windows 10 Google Chrome、Microsoft Edge、Firefox
Windows 7 Google Chrome、Firefox

次のオペレーティングシステムおよびブラウザーはサポートされていません。

  • Windows 8
  • Internet Explorer 10
  • Opera

言語サポート

Platform UI は、現在、次の言語で使用できます。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • 日本語
  • イタリア語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体字)
  • 中国語(繁体字)
  • ポルトガル語(ブラジル)

デフォルトの言語を変更

デフォルトの UI 言語は、ユーザープロファイルで指定された地域によって決まります。

言語を変更するには:

  1. Experience Platformアカウントにログインします。
  2. 押す Ctrl + i アカウント情報メニューを表示します。
  3. に移動します。 優先言語.
  4. 最初と 2 番目の言語の環境設定を選択します。
  5. 選択 保存 ウィンドウを閉じます。
メモ

また、地域を選択すると、Adobe.comのコンテンツの言語も設定されます。

このページ