Adobe Experience PlatformのPostman

Postmanは、API 開発のコラボレーションプラットフォームで、プリセット変数を使用して環境を設定し、API コレクションを共有し、CRUD リクエストを合理化するなどのことができます。 ほとんどの Platform API サービスにはPostmanコレクションがあり、API 呼び出しの実行に役立ちます。

Experience Platform用の Postman 環境の設定方法

次のビデオガイドでは、Postman環境の作成と設定の概要を説明します。 Postman環境には、以下に示す様々なコレクションに対して API 呼び出しをおこなう必要のあるすべてのヘッダーが含まれています。 設定後は、値の有効期限が切れるたびに ( ACCESS_TOKEN) 環境内の現在の値を更新できます。この新しい値は、すべてのコレクションで使用されます。

Postman コレクション

使用可能なすべてのPostmanコレクションを含むフォルダーは、次の URL にアクセスすることで、 Experience PlatformPostmanサンプル GitHub リポジトリ. または、Postmanのコレクションリンクは、個々の Swagger ファイル ( API リファレンスドキュメント Adobe I/O

Postmanコレクションをダウンロードするには、 Raw GitHub ページから、生の JSON ファイルを新しいタブに読み込みます。 次に、右クリックして「 」を選択します。 Save as をクリックして、任意のローカルの宛先にファイルを保存します。

生の JSON

Postmanコレクションの読み込み

を利用するために Postman コレクションを設定するには、環境を設定する必要があります。 環境の設定が完了したら、 Manage Environments セレクターを使用できます。

環境セレクターを管理

ポップオーバーが表示され、現在の環境がすべて表示されます。 コレクションを読み込むには、「 import .

「インポート」ボタン

インポートするファイルを選択するよう求められます。 読み込むPostmanコレクションファイルを選択します。 選択すると、左側のレールの「コレクション」タブの下にコレクションが設定されます。

入力されたコレクション

各コレクションには異なるキーと値のペアがあり、CRUD 操作を正常に実行するために必要になる場合があります。 サービスの API 開発者ガイド 必要な値、ヒント、および例を参照してください。

Postman UI と使用可能な機能について詳しくは、 Postmanドキュメント.

実稼動以外で使用するためのPostmanでのアクセストークンの生成

警告

Adobe I/Oアクセストークン生成のPostmanコレクションで述べたように、指定された生成方法が 非実稼動用. ローカル署名は、サードパーティのホストから JavaScript ライブラリを読み込み、リモート署名は、Adobeが所有および操作する Web サービスに秘密鍵を送信します。 Adobeはこの秘密鍵を保存しませんが、実稼働鍵は誰とも共有しないでください。

以下のビデオでは、 Adobe I/Oアクセストークン生成コレクション 公開 GitHub リポジトリからダウンロードできます。

次の手順

このドキュメントでは、Postman環境、コレクション、コレクションの読み込み方法について説明しました。 Postmanの準備が整ったら、 Platform 入門ガイド を参照してください。 API ガイド は、各 Platform サービスで使用できます。

このページ