Gen2 へのAdobe Experience Platformデータレイクの移行

Adobe Experience Platformは、Gen2 データレイクに移行中です。 これは、地域レプリケーション、より細かい役割に基づくアクセス制御 (RBAC)、より優れた拡張など、Platform ユーザーにメリットを提供する、新世代のデータレイクです。

ユーザーへの影響

Adobeがデータレイクを Gen1 から Gen2 に移行する間、ユーザーはデータレイクから 読み取り できますが、書き込み がデータレイクに与えるすべての機能に影響が及びます。 影響を受ける機能のリストを以下に示します。

  • ソース:ソースからのデータと様々なデータ取り込みワークフローのデータは、遅延します。移行が完了すると、データが表示されます。
  • クエリサービス:ユーザーはクエリを実行できますが、クエリの出力をデータセットに書き込むことはできません。
  • リアルタイム顧客プロファイル:バッチ取り込みによってプロファイルス ​トアに取り込まれたデータは、移行中は使用できません。ただし、ストリーミング の取り込みによって取り込まれたデータは、移行中に利用できます。 また、移行中はプロファイルエクスポートを使用できません。
  • Data Science Workspace:Data Science Workspace からの書き込みが失敗します。
  • セグメント化サービス:バッチセグメント化から派生 ​したオーディエンスは、移行中にアクティブ化することはできません。ストリーミング セグメント化から派生したオーディエンスには影響しません。
  • Customer Journey Analytics:Customer Journey Analyticsレポートのデータは古く、バッチがデータレイクに取り込まれないので、移行中に更新されない可能性があります。

Platform ユーザーとの通信

Adobeはシステム管理者に問い合わせて、移行の影響について詳細に話し合い、特定の IMS 組織の移行日時を確認します。

このページ