認証済みストリーミング接続の作成

認証済みのデータ収集を使用すると、Real-time Customer Profile や Identity などのAdobe Experience Platformサービスで、信頼できるソースと信頼できないソースからのレコードを区別できます。 個人を特定できる情報(PII)を送信するクライアントがレコードを区別するには、POST リクエストの一部としてアクセストークンを送信します。

認証済みのストリーミング接続を作成する方法については、『HTTP API ソース API ガイド 』を参照してください。

このページ