ソースコネクタ

Adobe Experience Platformを使用すると、Platform サービスを使用して、受信データの構造化、ラベル付け、強化を行うことができ、外部ソースからデータを取り込むことができます。 アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーへのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、ストレージシステムと CRM サービスの認証、取り込みの実行時間の設定、データ取り込みのスループットの管理をおこなうことができます。

これらのソースコネクタについて詳しくは、ソースコネクタのドキュメントを参照してください。

このページ