Adobe Experience Platform Web SDK を使用するための前提条件

Adobe Experience Platform Web SDK を使用するには、まず以下をおこなう必要があります。

  • この機能のプロビジョニングをおこないます。 アクセスを希望される場合は、次の情報を入力してください フォーム およびAdobeは、(必要に応じて)Datastreams とAdobe Experience Platformへのアクセス権をユーザーに提供します。 Adobeは、SDK での使用に必要なアクセス権を、追加料金なしで限定的に提供することに注意してください。
  • ファーストパーティドメイン (CNAME) を有効にすることをお勧めします。 既にAdobe Analyticsの CNAME がある場合は、その CNAME を使用する必要があります。 開発でのテストは CNAME なしで動作しますが、実稼動環境に移行する前にAdobeにテストを用意することをお勧めします。 CNAME 実装は cookie の有効期間に関してメリットを提供しませんが、特定の広告ブロッカーや一般的でないブラウザーが SDK リクエストをブロックするのを防ぐ可能性があります。 このような場合、CNAME を使用すると、これらのツールを使用するユーザーのデータ収集が中断されるのを防ぐことができます。
重要

11/10/20以降、ファーストパーティ CNAME 実装では、すべての Safari ブラウザーとモバイルiOSデバイスで 7 日間の有効期限が設定されます。

  • Web サイトが既に Experience CloudID サービス ( 訪問者 API またはAdobe Experience Platform LaunchのExperience CloudID サービス拡張機能を通じて )Web サイトで、Adobe Experience Platform Web SDK への移行中に引き続き使用する場合は、訪問者 API の最新バージョンまたはExperience CloudID サービス拡張機能を使用する必要があります。 詳しくは、 ID の移行 を参照してください。

Adobe Experience Platform Web SDK の権限の管理

Adobe Experience Platformの使用を開始するには、権限が必要です 権限 を使用して、スキーマを作成し、id を管理します。 必要な最小限の権限は、「データモデリングと ID」カテゴリにあります。

データモデリングカテゴリ内で、ユーザーに「スキーマの管理」および「スキーマの表示」権限を付与します。

Identity Managementカテゴリ内で、ユーザーに ID 名前空間の管理権限と ID 名前空間の表示権限を付与します。

このページ