ECID へのアクセス

Experience Cloud Identity (ECID)は、Webサイトの訪問者の永続的な識別子です。 状況によっては、ECIDにアクセスして(例えばサードパーティに送信するため)、

タグ内のECIDにアクセスするには、Adobeで次の操作をお勧めします。

  1. プロパティで、ルールコンポーネントのシーケンスが有効になっていることを確認します。

  2. 新しいルールを作成します。

  3. Library Loadedイベントをルールに追加します。

  4. 次のコードを使用して、Custom Conditionアクションをルールに追加します(SDKインスタンスに設定した名前はalloyとします)。

     return alloy("getIdentity")
       .then(function(result) {
         _satellite.setVar("ECID", result.identity.ECID);
       });
    
  5. ルールを保存します。

その後、他のデータ要素と同様に、%ECID%または_satellite.getVar("ECID")を使用して後続のルールのECIDにアクセスできるようになります。

このページ