Adobe Analyticsへのデータの送信

以前は、ページビューとリンク(例えば、s.t(), s.tl())を区別するための関数が異なっていましたが、Web SDK には sendEvent コマンドしかありません。 イベントと共に送信するデータによって、ページビューとリンクのどちらにするかが決まります。 トラッキングリンクの詳細を説明します

ページビューの送信

web.webPageDetails.pageViews.value=1 変数を設定して、ページビューを指定できます。

alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web": {
      "webPageDetails": {
        "pageViews": {
            "value":1
         }
      }
    }
  }
});

Analytics は、この変数が設定されていない場合でもページビューを技術的に記録しますが、ページビューをデータで明示的に記録し、実装の将来の配達確認のために記録する場合は、常にこの変数を設定することをお勧めします。

このページ