Adobe Analyticsでの変数の手動マッピング

Adobe Experience Platform Web SDK では特定の変数を自動的にマッピングできますが、カスタム変数は手動でマッピングする必要があります。

Analytics に自動的にマッピングされない XDM データの場合、 コンテキストデータ を使用して、 スキーマ と一致させることができます。 次に、 処理ルール を使用して Analytics にマッピングし、Analytics 変数を設定できます。

また、デフォルトのアクションと製品リストのセットを使用して、Adobe Experience Platform Web SDK でデータを送信または取得できます。 これをおこなうには、 コマースおよび製品情報の収集 を参照してください。

コンテキストデータ

Analytics で使用するために、XDM データはドット表記を使用してフラット化され、contextData として使用できます。 次の値のペアのリストは、context data がフラット化された場合の例を示しています。

{
  "bh": "900",
  "bw": "1680",
  "c": "24",
  "c.a.d.key.[0]": "value1",
  "c.a.d.key.[1]": "value2",
  "c.a.d.object.key1": "value1",
  "c.a.d.object.key2.[0]": "value2",
  "c.a.x.environment.browserdetails.javascriptenabled": "true",
  "c.a.x.environment.type": "browser",
  "cust_hit_time_gmt": "1579781427",
  "g": "http://example.com/home",
  "gn": "home",
  "j": "1.8.5",
  "k": "Y",
  "s": "1680x1050",
  "tnta": "218287:1:0|0,218287:1:0|2,218287:1:0|1,218287:1:0|32767,218287:1:0|1,218287:1:0|0,218287:1:0|1,218287:1:0|0,218287:1:0|1",
  "user_agent": "Mozilla/5.0 AppleWebKit/537.36 Safari/537.36",
  "v": "Y"
}

処理ルール

エッジネットワークによって収集されたすべてのデータへは、処理ルールを介してアクセスできます。Analytics では、処理ルールを使用して、コンテキストデータを Analytics 変数に組み込むことができます。

例えば、次のルールでは、Adobe Analyticsを設定して 内部検索用語 (eVar2)a.x._atag.search.term(Context Data) に関連付けられたデータを入力します。

XDM スキーマ

Adobe Experience Platformでは、スキーマを使用して、一貫した再利用可能な方法でデータの構造を記述します。 システムをまたいで一貫したデータを定義することで、意味を保持しやすくなり、データから価値を得ることができます。 Analytics コンテキストデータは、スキーマで定義された構造と連携します。

次の例は、event コマンド xdm オプションと共に使用して、Adobe Experience Platform Web SDK でデータを送信および取得する方法を示しています。 この例では、event コマンドは ExperienceEvent Commerce 詳細スキーマに一致し、productListItems の nameSKU 値が追跡されるようにします。

alloy("event",{
  "xdm":{
    "commerce":{
      "productViews":{
        "value":1
      }
    },
    "productListItems":[
      {
        "SKU":"HT105",
        "name":"Large Field Hat",
      },
      {
        "SKU":"HT104",
        "name":"Small Field Hat",
      }
    ]
  }
});

Adobe Experience Platform Web SDK を使用したイベントの追跡について詳しくは、 イベントの追跡 を参照してください。

このページ