宛先の削除

概要

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスで、宛先への既存の接続を削除できます。

宛先を削除すると、その宛先への既存のデータフローが削除されます。 削除する宛先に対してアクティブ化されたすべてのセグメントは、データフローが削除される前にマッピングされなくなります。

Platform UI から宛先を削除する方法は 2 つあります。 次のことができます。

重要

宛先 への既存の 接続は削除できますが、現在、Platform では既存の 宛先アカウント を削除することはできません。

「参照」タブからの宛先の削除

「​ 参照 ​」タブから宛先を削除するには、次の手順に従います。

  1. Experience PlatformUI にログインし、左側のナビゲーションバーから 宛先 を選択します。 既存の宛先を表示するには、上部のヘッダーから「参照」を選択します。

    宛先の参照

  2. 左上のフィルターアイコン  フィルターアイコン を選択して、並べ替えパネルを起動します。 並べ替えパネルには、すべての宛先のリストが表示されます。 リストから複数の宛先を選択して、選択した宛先に関連付けられたデータフローのフィルタ選択を表示できます。

    宛先のフィルター

  3. 「名前」列で「 さらにボタン 」を選択し、「 削除ボタン 削除」を選択して、既存の宛先接続を削除します。
    宛先の削除

  4. 削除」を選択して、宛先接続の削除を確認します。

    宛先の削除の確認

宛先の詳細ページからの宛先の削除

宛先の詳細ページから宛先を削除するには、以下の手順に従います。

  1. Experience PlatformUI にログインし、左側のナビゲーションバーから 宛先 を選択します。 既存の宛先を表示するには、上部のヘッダーから「参照」を選択します。

    宛先の参照

  2. 左上のフィルターアイコン  フィルターアイコン を選択して、並べ替えパネルを起動します。 並べ替えパネルには、すべての宛先のリストが表示されます。 リストから複数の宛先を選択して、選択した宛先に関連付けられたデータフローのフィルタ選択を表示できます。

    宛先のフィルター

  3. 削除する宛先の名前を選択します。

    宛先の選択

    • 宛先に既存のデータフローがある場合は、「Dataflow runs」タブに移動します。

      「Dataflow runs」タブ

    • 宛先に既存のデータフローがない場合は、空のページが表示され、オーディエンスのアクティブ化を開始できます。

      宛先の詳細

  4. 右側のレールで 削除 を選択します。

    宛先の削除

  5. 確認ダイアログで「削除」を選択して、宛先を削除します。

    宛先の削除の確認

    メモ

    サーバーの負荷によっては、Platform が宛先を削除するまでに数分かかる場合があります。

このページ