宛先の削除

概要

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイスで、宛先への既存の接続を削除できます。

宛先を削除すると、その宛先への既存のデータフローが削除されます。 削除する宛先に対してアクティブ化されているセグメントは、データフローが削除される前にマッピング解除されます。

から宛先を削除する方法は 2 つあります Platform UI. 次のことができます。

「参照」タブからの宛先の削除

次の手順に従って、 参照 タブをクリックします。

  1. にログインします。 Experience PlatformUI を選択し、 宛先 をクリックします。 既存の宛先を表示するには、「 」を選択します。 参照 を上部のヘッダーから削除します。

    宛先の参照

  2. フィルターアイコンを選択します。 フィルターアイコン をクリックして、並べ替えパネルを起動します。 並べ替えパネルには、すべての宛先のリストが表示されます。 リストから複数の宛先を選択して、選択した宛先に関連付けられたデータフローのフィルタリングされた選択を表示できます。

    宛先のフィルタリング

  3. を選択します。 「詳細」ボタン 「名前」列の「 」ボタンをクリックし、 削除ボタン 削除 既存の宛先接続を削除する場合。
    宛先の削除

  4. 選択 削除 をクリックして、宛先接続の削除を確認します。

    宛先の削除を確認

宛先の詳細ページからの宛先の削除

宛先の詳細ページから宛先を削除するには、以下の手順に従います。

  1. にログインします。 Experience PlatformUI を選択し、 宛先 をクリックします。 既存の宛先を表示するには、「 」を選択します。 参照 を上部のヘッダーから削除します。

    宛先の参照

  2. フィルターアイコンを選択します。 フィルターアイコン をクリックして、並べ替えパネルを起動します。 並べ替えパネルには、すべての宛先のリストが表示されます。 リストから複数の宛先を選択して、選択した宛先に関連付けられたデータフローのフィルタリングされた選択を表示できます。

    宛先のフィルタリング

  3. 削除する宛先の名前を選択します。

    宛先を選択

    • 宛先に既存のデータフローがある場合は、「 データフローの実行 タブをクリックします。

      「データフロー実行」タブ

    • 宛先に既存のデータフローがない場合は、空のページが表示され、オーディエンスのアクティブ化を開始できます。

      宛先の詳細

  4. 選択 削除 をクリックします。

    宛先の削除

  5. 選択 削除 をクリックして、宛先を削除します。

    宛先の削除の確認

    メモ

    サーバーの負荷によっては、 Platform をクリックして、宛先を削除します。

このページ