Destination SDK で作成されたストリーミング宛先のレート制限および再試行ポリシー

最終更新日: 2023-10-31
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User

パートナーが作成した宛先は、様々なエラーを返し、異なるレート制限ポリシーを持つ可能性があります。このページでは、ストリーミング宛先によって返される様々なタイプのエラーを Experience Platform がどのように処理するかについて説明します。

Destination SDK を使用して宛先を設定する場合、ベストエフォート集計設定可能な集計の 2 つの集計タイプから選択できます。選択する集計タイプに応じて、以下の Experience Platform によるエラーおよびレート制限の処理方法を参照してください。

ベストエフォート集計

宛先に対する任意の HTTP 呼び出しに失敗した場合、Experience Platform は、最初の呼び出しの後、即座にもう一度、呼び出しを試します。2 回目の呼び出しでも失敗する場合、Experience Platform は、呼び出しをドロップして、3 回目の再試行は行いません。

設定可能な集計

設定可能な集計で設定された宛先プラットフォームの場合、Experience Platform は、プラットフォームによって返されるエラータイプを以下のように区別します。

  • Experience Platform がプラットフォームへのデータ送信を再試行するエラー:
    • HTTP 応答コード 420 および 429
    • HTTP 応答コード 500 番台
  • Experience Platform がプラットフォームへのデータ送信を再試行​しない​エラー:プラットフォームによって返されるその他のすべてのエラー

再試行アプローチについて

設定可能な集計に対する Experience Platform のアプローチを以下に示します。この例では、1 分間に 50,000 回を超えるリクエストを受信すると 429 エラーコードを返し始める宛先プラットフォームに Experience Platform がデータを送信することを想定しています。

  • 1 分:Experience Platform がプロファイルを含む 40,000 件のバッチを集計して、宛先プラットフォームに送信します。Experience Platform は、40,000 件の HTTP リクエストを行い、すべて成功します。
  • 2 分:Experience Platform がプロファイルを含む 70,000 件のバッチを集計して、宛先プラットフォームに送信します。Experience Platform は、70,000 件の HTTP リクエストを行い、50,000 件が成功します。その他の 20,000 件は、エンドポイントからレート制限エラーを受け取り、30 分後に再試行します。
  • 3 分:Experience Platform がプロファイルを含む 30,000 件のバッチを集計して、宛先プラットフォームに送信します。Experience Platform は、30,000 件の HTTP リクエストを行い、すべて成功します。
  • 32 分:Experience Platform は、2 分の時点で失敗していた 20,000 件のバッチの送信を再試行します。すべての呼び出しが成功します。

次の手順

ストリーミング宛先を設定した際に選択した集計ポリシーに応じて、Experience Platform が宛先プラットフォームからのエラーおよびレート制限をどのように処理するかについて確認しました。次に、以下のドキュメントを確認できます。

このページ