Adobe Experience Platform の宛先のドキュメント化

概要

Adobe Experience Platformへようこそ、ここに来てくれて嬉しい!
宛先のドキュメント化は、Adobe Experience Platformでライブに設定する前の最後の手順です。

このドキュメントの節には、以下が含まれます。

前提条件

この記事の手順に従って宛先のドキュメントを作成するには、次の項目が必要です。

  • GitHub アカウント. 新規登録 GitHub まだアカウントをお持ちでない場合は、をクリックします。
  • GitHub Desktop. 次を選択した場合: ローカル環境でドキュメントを作成します。を使用する場合、 GitHub Desktop.
  • Adobeとの統合は、Adobe Experience Platformのステージング環境にデプロイされた宛先とのテストフェーズにある必要があります。

Adobe Experience Platformで宛先のドキュメントを作成する手順の概要

宛先のドキュメントを作成するには、概要レベルで、次の手順を実行する必要があります 分岐を作成する Adobe Experience Platformドキュメントリポジトリの 提供されたドキュメントテンプレート 新しい分岐に Adobeが提供するテンプレートを使用して、新しい宛先ページを作成します。 準備が整ったら、プルリクエスト (PR) を開きます。 これをおこなう手順は、以下で説明します。 新しい宛先ページを作成する手順.

ドキュメントテンプレート

ドキュメントページの作成を支援するために、Adobeは、 ドキュメントテンプレート あなたのために。 以下では、テンプレートを編集し、プル要求を開く方法について説明します。 Adobeドキュメントチームが、新しい宛先のドキュメントを確認して公開します。

ここでテンプレートをダウンロード を展開し、抽出するファイルを解凍します。 yourdestination.md ファイル。

テンプレートを使用してドキュメントページを作成する手順は、以下のとおりです。

新しい宛先ページを作成する手順

GitHub Web インターフェイスまたはローカル環境を使用して、Adobe Experience Platformでの新しい宛先に関するドキュメントを作成できます。 両方のオプションの手順については、次のリンクを参照してください。

ベストプラクティス

以下を確認します。 オーサリングのベストプラクティス 宛先ドキュメントページを作成する前と前 必ず Adobe文書の記述ガイダンス ドキュメントのオーサリング時にAdobeドキュメントチームが使用する、その他の記述に関するヒント

このページ