クラウドストレージの宛先の概要

概要

Adobe Experience Platformは、セグメントをデータファイルとしてクラウドのストレージの場所に配信できます。 これにより、 Amazon S3、 Azure Blob および SFTP 用の CSV またはタブ区切りファイルを使用して、オーディエンスとそのプロファイル属性を内部システムに送信できます。 Amazon Kinesis および Azure Event Hubs の宛先の場合、データは JSON 形式でExperience Platformからストリーミングされます。

Adobeクラウドのストレージの宛先

サポートされるクラウドストレージの宛先

Adobe Experience Platformは、次のクラウドストレージの宛先をサポートしています。

新しいクラウドストレージの宛先への接続

キャンペーンのクラウドストレージの宛先にセグメントを送信するには、まず Platform が宛先に接続する必要があります。 新しい宛先の設定について詳しくは、 宛先の作成に関するチュートリアル を参照してください。

マクロを使用したストレージの場所へのフォルダーの作成

メモ

この節で説明する機能は、現在、Amazon S3 の宛先でのみ使用できます。

ストレージの場所にあるセグメントファイルごとにカスタムフォルダーを作成するには、フォルダーパスの入力フィールドでマクロを使用します。 次に示すように、入力フィールドの最後にマクロを挿入します。

マクロを使用してストレージにフォルダーを作成する方法

以下の例では、ID 25768be6-ebd5-45cc-8913-12fb3f348615 を持つサンプルセグメント Luxury Audience を参照しています。

マクロ 1:%SEGMENT_NAME%

入力:acme/campaigns/2021/%SEGMENT_NAME%
保存場所のフォルダーパス:acme/campaigns/2021/Luxury Audience

マクロ 2:%SEGMENT_ID%

入力:acme/campaigns/2021/%SEGMENT_ID%
保存場所のフォルダーパス:acme/campaigns/2021/25768be6-ebd5-45cc-8913-12fb3f348615

マクロ 3:%SEGMENT_NAME%/%SEGMENT_ID%

入力:acme/campaigns/2021/%SEGMENT_NAME%/%SEGMENT_ID%
保存場所のフォルダーパス:acme/campaigns/2021/Luxury Audience/25768be6-ebd5-45cc-8913-12fb3f348615

データのエクスポートのタイプ

クラウドストレージの宛先は、プロファイルベースの書き出し をサポートします。 つまり、オーディエンス内の個人に関する詳細を書き出します。 これらの詳細はパーソナライゼーションに必要で、属性、イベント、セグメントのメンバーシップなどを含めることができます。

このページ