クラウドストレージの宛先の概要

Adobe Experience Platformは、セグメントをデータファイルとしてクラウドストレージの場所に配信できます。 これにより、オーディエンスとそのプロファイル属性を、Amazon S3、Azure Blob、SFTP用のCSVまたはタブ区切りファイルを使用して、社内システムに送信できます。 Amazon KinesisとAzure Event Hubsの宛先の場合、データはJSON形式でExperience Platformからストリーミングされます。

Adobeクラウドのストレージ先

クラウドストレージの宛先への接続方法について詳しくは、「クラウドストレージの宛先を作成するためのワークフロー」を参照してください。

データのエクスポートのタイプ

プロファイルベースの書き出し - オーディエンスの個人に関する情報を書き出します。これらの詳細はパーソナライゼーションに必要で、属性、イベント、セグメントのメンバーシップなどを含めることができます。

利用可能なクラウドストレージの宛先

利用可能なクラウドストレージストリーミング先

このページ