クラウドストレージの宛先の IP アドレス許可リスト

重要
  • Adobeでは、このページをブックマークし、3 か月ごとに再度アクセスして、最新の IP アドレスを確認することをお勧めします。 Adobeは、新しい IP 範囲の通知を提供しません。
  • Adobeは SFTP サーバーへのデータの書き出しをサポートしていますが、データを書き出す際に推奨されるクラウドストレージの場所は Amazon S3 と Azure Blob です。

概要

このページでは、許可リストに追加できる IP 範囲を提供し、Experience Platformから SFTP サーバー にデータを安全にエクスポートします。

ネットワークファイアウォールを使用して、ネットワークアクセス制御を定義できます。 適切な IP 範囲を指定することで、データ転送サービスのトラフィックを許可できます。

Adobeでは、クラウドストレージの宛先接続を操作する前に、次の IP 範囲を許可リストに追加することをお勧めします。 許可リストに地域固有の IP 範囲を追加しないと、クラウドストレージの宛先接続を使用する際にエラーが発生したり、パフォーマンスが低下する可能性があります。

すべてのお客様に必要

  • 52.247.108.70

米国のお客様

  • 52.252.71.64/29

EMEA のお客様

  • 51.137.8.208/29

APAC のお客様

  • 20.53.201.168/29

このページ