Flow Service API を使用した宛先データフローの更新

このチュートリアルでは、宛先データフローを更新する手順を説明します。 を使用して、データフローを有効または無効にしたり、基本情報を更新したり、セグメントと属性を追加および削除したりする方法を説明します。 Flow Service API. Experience PlatformUI を使用した宛先データフローの編集について詳しくは、 アクティベーションフローを編集.

はじめに

このチュートリアルは、有効なフロー ID を保有しているユーザーを対象としています。有効なフロー ID がない場合は、 宛先カタログ そして、以下に示す手順に従います。 宛先に接続 および データをアクティブ化 このチュートリアルを試す前に

メモ

用語 流れ および データフロー このチュートリアルでは、同じ意味で使用されます。 このチュートリアルのコンテキストでは、は同じ意味を持ちます。

このチュートリアルでは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントについて十分に理解していることを前提にしています。

以下の節では、 Flow Service API

API 呼び出し例の読み取り

このチュートリアルでは、API 呼び出しの例を提供し、リクエストの形式を設定する方法を示します。この中には、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、Experience Platform トラブルシューテングガイドのAPI 呼び出し例の読み方に関する節を参照してください。

必須ヘッダーの値の収集

Platform API への呼び出しを実行する前に、認証に関するチュートリアルを完了する必要があります。認証に関するチュートリアルを完了すると、すべての Experience Platform API 呼び出しで使用する、以下のような各必須ヘッダーの値が提供されます。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}

Experience Platform内のすべてのリソース ( Flow Serviceは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。 Platform API へのすべてのリクエストには、操作がおこなわれるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
メモ

この x-sandbox-name ヘッダーが指定されていない場合、リクエストは prod サンドボックス。

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、メディアのタイプを指定する以下のような追加ヘッダーが必要です。

  • Content-Type: application/json

データフローの詳細の検索

宛先データフローを更新する最初の手順は、フロー ID を使用してデータフローの詳細を取得することです。 /flows エンドポイントに対して GET リクエストを実行することで、既存のデータフローの現在の詳細を表示できます。

API 形式

GET /flows/{FLOW_ID}
パラメーター 説明
{FLOW_ID} 一意の id 取得する宛先データフローの値。

リクエスト

次のリクエストでは、フロー ID に関する情報を取得します。

curl -X GET \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

正常な応答は、バージョン、一意の識別子 (id)、およびその他の関連情報。

{
   "items":[
      {
         "id":"226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc",
         "createdAt":"{CREATED_AT}",
         "updatedAt":"{UPDATED_BY}",
         "createdBy":"{CREATED_BY}",
         "updatedBy":"{UPDATED_BY}",
         "createdClient":"{CREATED_CLIENT}",
         "updatedClient":"{UPDATED_CLIENT}",
         "sandboxId":"{SANDBOX_ID}",
         "sandboxName":"prod",
         "imsOrgId":"{ORG_ID}",
         "name":"2021 winter campaign",
         "description":"ACME company holiday campaign for high fidelity customers",
         "flowSpec":{
            "id":"71471eba-b620-49e4-90fd-23f1fa0174d8",
            "version":"1.0"
         },
         "state":"enabled",
         "version":"\"8b0351ca-0000-0200-0000-61c4d6700000\"",
         "etag":"\"8b0351ca-0000-0200-0000-61c4d6700000\"",
         "sourceConnectionIds":[
            "5e45582a-5336-4ea1-9ec9-d0004a9f344a"
         ],
         "targetConnectionIds":[
            "8ce3dc63-3766-4220-9f61-51d2f8f14618"
         ],
         "inheritedAttributes":{
            "sourceConnections":[
               {
                  "id":"5e45582a-5336-4ea1-9ec9-d0004a9f344a",
                  "connectionSpec":{
                     "id":"8a9c3494-9708-43d7-ae3f-cda01e5030e1",
                     "version":"1.0"
                  },
                  "baseConnection":{
                     "id":"0a82f29f-b457-47f7-bb30-33856e2ae5aa",
                     "connectionSpec":{
                        "id":"8a9c3494-9708-43d7-ae3f-cda01e5030e1",
                        "version":"1.0"
                     }
                  },
                  "typeInfo":{
                     "type":"ProfileFragments",
                     "id":"ups"
                  }
               }
            ],
            "targetConnections":[
               {
                  "id":"8ce3dc63-3766-4220-9f61-51d2f8f14618",
                  "connectionSpec":{
                     "id":"0b23e41a-cb4a-4321-a78f-3b654f5d7d97",
                     "version":"1.0"
                  },
                  "baseConnection":{
                     "id":"7fbf542b-83ed-498f-8838-8fde0c4d4d69",
                     "connectionSpec":{
                        "id":"0b23e41a-cb4a-4321-a78f-3b654f5d7d97",
                        "version":"1.0"
                     }
                  }
               }
            ]
         },
         "transformations":[
            {
               "name":"GeneralTransform",
               "params":{
                  "profileSelectors":{
                     "selectors":[
                        {
                           "type":"JSON_PATH",
                           "value":{
                              "path":"Email",
                              "operator":"EXISTS",
                              "identity":{
                                 "namespace":"Email"
                              },
                              "mapping":{
                                 "sourceType":"text/x.schema-path",
                                 "source":"Email",
                                 "destination":"Email",
                                 "identity":false,
                                 "primaryIdentity":false,
                                 "functionVersion":0,
                                 "copyModeMapping":false,
                                 "sourceAttribute":"Email",
                                 "destinationXdmPath":"Email"
                              }
                           }
                        },
                        {
                           "type":"JSON_PATH",
                           "value":{
                              "path":"person.name.firstName",
                              "operator":"EXISTS",
                              "mapping":{
                                 "sourceType":"text/x.schema-path",
                                 "source":"person.name.firstName",
                                 "destination":"person.name.firstName",
                                 "identity":false,
                                 "primaryIdentity":false,
                                 "functionVersion":0,
                                 "copyModeMapping":false,
                                 "sourceAttribute":"person.name.firstName",
                                 "destinationXdmPath":"person.name.firstName"
                              }
                           }
                        },
                        {
                           "type":"JSON_PATH",
                           "value":{
                              "path":"person.name.lastName",
                              "operator":"EXISTS",
                              "mapping":{
                                 "sourceType":"text/x.schema-path",
                                 "source":"person.name.lastName",
                                 "destination":"person.name.lastName",
                                 "identity":false,
                                 "primaryIdentity":false,
                                 "functionVersion":0,
                                 "copyModeMapping":false,
                                 "sourceAttribute":"person.name.lastName",
                                 "destinationXdmPath":"person.name.lastName"
                              }
                           }
                        },
                        {
                           "type":"JSON_PATH",
                           "value":{
                              "path":"personalEmail.address",
                              "operator":"EXISTS",
                              "mapping":{
                                 "sourceType":"text/x.schema-path",
                                 "source":"personalEmail.address",
                                 "destination":"personalEmail.address",
                                 "identity":false,
                                 "primaryIdentity":false,
                                 "functionVersion":0,
                                 "copyModeMapping":false,
                                 "sourceAttribute":"personalEmail.address",
                                 "destinationXdmPath":"personalEmail.address"
                              }
                           }
                        },
                        {
                           "type":"JSON_PATH",
                           "value":{
                              "path":"segmentMembership.status",
                              "operator":"EXISTS",
                              "mapping":{
                                 "sourceType":"text/x.schema-path",
                                 "source":"segmentMembership.status",
                                 "destination":"segmentMembership.status",
                                 "identity":false,
                                 "primaryIdentity":false,
                                 "functionVersion":0,
                                 "copyModeMapping":false,
                                 "sourceAttribute":"segmentMembership.status",
                                 "destinationXdmPath":"segmentMembership.status"
                              }
                           }
                        }
                     ],
                     "mandatoryFields":[
                        "Email",
                        "person.name.firstName",
                        "person.name.lastName"
                     ],
                     "primaryFields":[
                        {
                           "identityNamespace":"Email",
                           "fieldType":"IDENTITY"
                        }
                     ]
                  },
                  "segmentSelectors":{
                     "selectors":[
                        {
                           "type":"PLATFORM_SEGMENT",
                           "value":{
                              "id":"9f7d37fd-7039-4454-94ef-2b0cd6c3206a",
                              "name":"Interested in Mountain Biking",
                              "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%",
                              "exportMode":"DAILY_FULL_EXPORT",
                              "schedule":{
                                 "frequency":"ONCE",
                                 "startDate":"2021-12-25",
                                 "startTime":"20:00"
                              },
                              "createTime":"1640289901",
                              "updateTime":"1640289901"
                           }
                        },
                        {
                           "type":"PLATFORM_SEGMENT",
                           "value":{
                              "id":"f52a3785-2e7c-40a7-8137-9be99af7794e",
                              "name":"Birth year 1970",
                              "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%",
                              "exportMode":"DAILY_FULL_EXPORT",
                              "schedule":{
                                 "frequency":"DAILY",
                                 "startDate":"2021-12-23",
                                 "endDate":"2021-12-31",
                                 "startTime":"20:00"
                              },
                              "createTime":"1640289901",
                              "updateTime":"1640289901"
                           }
                        },
                        {
                           "type":"PLATFORM_SEGMENT",
                           "value":{
                              "id":"6caa79b9-39e0-4c37-892b-5061cdca2377",
                              "name":"Account Leads",
                              "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%",
                              "exportMode":"FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL",
                              "schedule":{
                                 "frequency":"DAILY",
                                 "startDate":"2021-12-23",
                                 "endDate":"2021-12-31",
                                 "startTime":"20:00"
                              },
                              "createTime":"1640289901",
                              "updateTime":"1640289901"
                           }
                        },
                        {
                           "type":"PLATFORM_SEGMENT",
                           "value":{
                              "id":"4c41c318-9e8c-4a4f-b880-877cdd629fc7",
                              "name":"Batch export for autumn campaign",
                              "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%",
                              "exportMode":"FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL",
                              "schedule":{
                                 "frequency":"EVERY_6_HOURS",
                                 "startDate":"2022-01-05",
                                 "endDate":"2022-12-30",
                                 "startTime":"20:00"
                              },
                              "createTime":"1640289901",
                              "updateTime":"1640289901"
                           }
                        }
                     ]
                  }
               }
            }
         ]
      }
   ]

データフロー名と説明を更新

データフローの名前と説明を更新するには、に対してPATCHリクエストを実行します。 Flow Service フロー ID、バージョンおよび使用する新しい値を指定する際の API。

重要

If-Match ヘッダーは、PATCH リクエストを行う際に必要です。このヘッダーの値は、更新するデータフローの一意のバージョンです。 ETag の値は、データフローが正常に更新されるたびに更新されます。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

次のリクエストは、データフローの名前と説明を更新します。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
            {
                "op": "replace",
                "path": "/name",
                "value": "2021/2022 winter campaign"
            },
            {
                "op": "replace",
                "path": "/description",
                "value": "ACME company holiday campaign for high fidelity customers and prospects"
            }
        ]'
プロパティ 説明
op データフローの更新に必要なアクションを定義するために使用される操作呼び出し。操作には、addreplaceremove があります。
path 更新するフローの部分を定義します。
value パラメーターの更新に使用する新しい値。

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

データフローの有効化または無効化

有効にすると、データフローが宛先にプロファイルをエクスポートします。 データフローはデフォルトで有効になっていますが、無効にしてプロファイルエクスポートを一時停止することができます。

に対してPOSTリクエストをおこなうことで、既存の宛先データフローを有効または無効にできます Flow Service フローを更新する API と状態を指定します。

API 形式

POST /flows/{FLOW_ID}/action?op=enable or disable

リクエスト

次のリクエストでは、データフローの状態を有効に更新します。

curl -X POST \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc/action?op=enable' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

次のリクエストでは、データフローの状態が無効に更新されます。

curl -X POST \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc/action?op=disable' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

セグメントをデータフローに追加する

セグメントを宛先データフローに追加するには、に対してPATCHリクエストを実行します。 Flow Service フロー ID、バージョン、追加するセグメントを指定する際の API。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

次のリクエストでは、新しいセグメントを既存の宛先データフローに追加します。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
   {
      "op":"add",
      "path":"/transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/-",
      "value":{
         "type":"PLATFORM_SEGMENT",
         "value":{
            "id":"2d79d0d8-724f-49fc-a09d-d1dec338c93c",
            "name":"Winter 2021/2022 campaign",
            "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%SEGMENT_NAME%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%_custom-text",
            "exportMode":"DAILY_FULL_EXPORT",
            "schedule":{
               "startDate":"2022-01-05",
               "frequency":"DAILY",
               "endData":"2022-03-10"
               "startTime":"16:00",
            }
         }
      }
   }
]'
プロパティ 説明
op データフローの更新に必要なアクションを定義するために使用される操作呼び出し。操作には、addreplaceremove があります。セグメントをデータフローに追加するには、add 操作を使用します。
path 更新するフローの部分を定義します。セグメントをデータフローに追加する場合は、例で指定したパスを使用します。
value パラメーターの更新に使用する新しい値。
id 宛先データフローに追加するセグメントの ID を指定します。
name (オプション). 宛先データフローに追加するセグメントの名前を指定します。このフィールドは必須ではなく、名前を指定しなくてもセグメントを宛先データフローに正常に追加できます。
filenameTemplate の場合 バッチ宛先 のみ。 このフィールドは、Amazon S3、SFTP、Azure Blob などのバッチファイルエクスポート先でセグメントをデータフローに追加する場合にのみ必要です。
このフィールドは、宛先に書き出すファイルのファイル名の形式を決定します。
以下のオプションを利用できます。
  • %DESTINATION_NAME%:必須。書き出されるファイルには、宛先名が含まれます。
  • %SEGMENT_ID%:必須。書き出されるファイルには、書き出されたセグメントの ID が含まれます。
  • %SEGMENT_NAME%: (オプション). 書き出されるファイルには、書き出されたセグメントの名前が含まれます。
  • DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss) または %TIMESTAMP%: (オプション). ファイルが Experience Platform で生成された時刻を含めるには、これら 2 つのオプションのいずれかを選択します。
  • custom-text: (オプション). ファイル名の末尾に追加したいカスタムテキストでこのプレースホルダーを置き換えます。

ファイル名の設定について詳しくは、バッチ宛先の有効化に関するチュートリアルの「ファイル名の設定」の節を参照してください。
exportMode の場合 バッチ宛先 のみ。 このフィールドは、Amazon S3、SFTP、Azure Blob などのバッチファイルエクスポート先でセグメントをデータフローに追加する場合にのみ必要です。
必須。"DAILY_FULL_EXPORT" または "FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL" を選択します。この 2 つのオプションについて詳しくは、バッチ宛先の有効化に関するチュートリアルの「完全なファイルのエクスポート」および「増分ファイルのエクスポート」を参照してください。
startDate セグメントが宛先へのプロファイルの書き出しを開始する日付を選択します。
frequency の場合 バッチ宛先 のみ。 このフィールドは、Amazon S3、SFTP、Azure Blob などのバッチファイルエクスポート先でセグメントをデータフローに追加する場合にのみ必要です。
必須。
  • "DAILY_FULL_EXPORT" エクスポートモードの場合は、ONCE または DAILY を選択できます。
  • "FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL" エクスポートモードの場合は、"DAILY""EVERY_3_HOURS""EVERY_6_HOURS""EVERY_8_HOURS""EVERY_12_HOURS" を選択できます。
endDate の場合 バッチ宛先 のみ。 このフィールドは、Amazon S3、SFTP、Azure Blob などのバッチファイルエクスポート先でセグメントをデータフローに追加する場合にのみ必要です。
"exportMode":"DAILY_FULL_EXPORT" かつ "frequency":"ONCE" を選択している場合は適用されません。
セグメントメンバーが宛先への書き出しを停止する日付を設定します。
startTime の場合 バッチ宛先 のみ。 このフィールドは、Amazon S3、SFTP、Azure Blob などのバッチファイルエクスポート先でセグメントをデータフローに追加する場合にのみ必要です。
必須。セグメントのメンバーを含むファイルを生成し、宛先に書き出す時間を選択します。

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

データフローからのセグメントの削除

既存の宛先データフローからセグメントを削除するには、に対してPATCHリクエストを実行します。 Flow Service 削除するセグメントのフロー ID、バージョン、インデックスセレクターを指定する際の API。 インデックス作成の開始: 0. 例えば、以下のリクエスト例では、最初と 2 番目のセグメントがデータフローから削除されます。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

次のリクエストでは、既存の宛先データフローから 2 つのセグメントを削除します。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
{
   "op":"remove",
   "path":"transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/0/",
   "value":{
      "type":"PLATFORM_SEGMENT",
      "value":{
      }
   }
},
{
   "op":"remove",
   "path":"transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/1/",
   "value":{
      "type":"PLATFORM_SEGMENT",
      "value":{
      }
   }
}
]'
プロパティ 説明
op データフローの更新に必要なアクションを定義するために使用される操作呼び出し。操作には、addreplaceremove があります。データフローからセグメントを削除するには、 remove 操作。
path セグメントセレクターのインデックスに基づいて、宛先データフローから削除する既存のセグメントを指定します。 データフローでのセグメントの順序を取得するには、に対してGET呼び出しを実行します。 /flows エンドポイントと検査 transformations.segmentSelectors プロパティ。 データフローの最初のセグメントを削除するには、を使用します。 "path":"transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/0/".

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

データフローのセグメントのコンポーネントを更新

既存の宛先データフローのセグメントのコンポーネントを更新できます。 例えば、エクスポート頻度を変更したり、ファイル名テンプレートを編集したりできます。 これをおこなうには、 Flow Service 更新するセグメントのフロー ID、バージョン、インデックスセレクターを提供する際の API。 インデックス作成の開始: 0. 例えば、以下のリクエストでは、データフローの 9 番目のセグメントが更新されます。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

既存の宛先GETフローのセグメントを更新する場合、まず操作を実行して、更新するセグメントの詳細を取得する必要があります。 次に、更新するフィールドだけでなく、ペイロードにすべてのセグメント情報を指定します。 次の例では、カスタムテキストがファイル名テンプレートの最後に追加され、エクスポートスケジュールの頻度が 6 時間から 12 時間に更新されています。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
   {
      "op":"replace",
      "path":"/transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/8",
      "value":{
         "type":"PLATFORM_SEGMENT",
         "value":{
            "id":"4c41c318-9e8c-4a4f-b880-877cdd629fc7",
            "name":"Batch export for autumn campaign",
            "filenameTemplate":"%DESTINATION_NAME%_%SEGMENT_ID%_%DATETIME(YYYYMMdd_HHmmss)%_custom-text",
            "exportMode":"FIRST_FULL_THEN_INCREMENTAL",
            "schedule":{
               "frequency":"EVERY_12_HOURS",
               "startDate":"2022-01-05",
               "endDate":"2022-01-30",
               "startTime":"20:00"
            },
            "createTime":"1640289901",
            "updateTime":"1640289901"
         }
      }
   }
]'

ペイロード内のプロパティの説明については、を参照してください。 セグメントをデータフローに追加する.

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

プロファイル属性をデータフローに追加する

プロファイル属性を宛先データフローに追加するには、に対してPATCHリクエストを実行します。 Flow Service 追加するフロー ID、バージョンおよびプロファイル属性を指定する際の API。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

次のリクエストでは、新しいプロファイル属性を既存の宛先データフローに追加します。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
    {
    "op":"add",
    "path":"/transformations/0/params/profileSelectors/selectors/-",
    "value":{
        "type":"JSON_PATH",
        "value":{
            "path":"mobilePhone.status"
        }
    }
    }
]'
プロパティ 説明
op データフローの更新に必要なアクションを定義するために使用される操作呼び出し。操作には、addreplaceremove があります。プロファイル属性をデータフローに追加するには、 add 操作。
path 更新するフローの部分を定義します。プロファイル属性をデータフローに追加する場合は、例で指定したパスを使用します。
value.path データフローに追加するプロファイル属性の値。

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

データフローからプロファイル属性を削除する

既存の宛先データフローからプロファイル属性を削除するには、に対してPATCHリクエストを実行します。 Flow Service 削除するプロファイル属性のフロー ID、バージョン、インデックスセレクターを指定する際の API。 インデックス作成の開始: 0. 例えば、次のリクエスト例では、5 番目のプロファイル属性がデータフローから削除されます。

API 形式

PATCH /flows/{FLOW_ID}

リクエスト

次のリクエストでは、既存の宛先データフローからプロファイル属性を削除します。

curl -X PATCH \
    'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/226fb2e1-db69-4760-b67e-9e671e05abfc' \
    -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
    -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
    -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
    -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'
    -H 'If-Match: "1a0037e4-0000-0200-0000-602e06f60000"' \
    -d '[
    {
    "op":"remove",
    "path":"/transformations/0/params/profileSelectors/selectors/4",
    "value":{
        "type":"JSON_PATH",
        "value":{
            "path":"mobilePhone.status"
        }
    }
    }
]'
プロパティ 説明
op データフローの更新に必要なアクションを定義するために使用される操作呼び出し。操作には、addreplaceremove があります。データフローからセグメントを削除するには、 remove 操作。
path セグメントセレクターのインデックスに基づいて、宛先データフローから削除する既存のプロファイル属性を指定します。 データフローでプロファイル属性の順序を取得するには、に対してGET呼び出しを実行します。 /flows エンドポイントと検査 transformations.profileSelectors プロパティ。 データフローの最初のセグメントを削除するには、を使用します。 "path":"transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/0/".

応答

リクエストが成功した場合は、フロー ID と更新された etag が返されます。更新を検証するには、Flow Service API へ GET リクエストを行い、その際にフロー ID を指定します。

{
    "id": "2edc08ac-4df5-4fe6-936f-81a19ce92f5c",
    "etag": "\"50014cc8-0000-0200-0000-6036eb720000\""
}

API エラー処理

このチュートリアルの API エンドポイントは、Experience PlatformAPI エラーメッセージの一般的な原則に従います。 Platform トラブルシューティングガイドの API ステータスコードおよびリクエストヘッダーエラーを参照してください。

次の手順

このチュートリアルでは、を使用したセグメントやプロファイル属性の追加または削除など、宛先データフローの様々なコンポーネントの更新方法を学びました Flow Service API 宛先について詳しくは、 宛先の概要.

このページ