Git を使用した JupyterLab での共同作業

Git は、ソフトウェア開発時にソースコードの変更を追跡するための分散バージョン管理システムです。Git は Data Science Workspace JupyterLab 環境内に事前にインストールされています。

前提条件

メモ

使用する Git サーバーには、インターネット経由でアクセスできる必要があります。

Data Science Workspace JupyterLab 環境はホスト環境であり、企業のファイアウォール内にはデプロイされていないので、接続する Git サーバーはパブリックインターネットからアクセスできる必要があります。 これは、GitHub 上のパブリックリポジトリまたはプライベートリポジトリ、または自分でホストすることに決めた Git サーバーの別のインスタンスである可能性があります。

Git を Data Science Workspace JupyterLab Notebooks 環境に接続します

まず Adobe Experience Platform を起動し、JupyterLabs Notebooks 環境に移動します。

JupyterLab 内で、「ファイル」を選択し、「新規」の上にマウスポインターを置きます。 表示されるドロップダウンから、ターミナル を選択します。

JupyterLab Nav

次に、ターミナル 内で、次のコマンドを使用してワークスペースに移動します。cd my-workspace.

cd workspace

ヒント

使用可能な Git コマンドのリストを表示するには、次のコマンドを発行します。git -help をターミナル内に追加します。

次に、git clone コマンドを使用して、使用するリポジトリのクローンを作成します。 ssh:// ではなく https:// URL を使用してプロジェクトのクローンを作成します。

:

git clone https://github.com/adobe/experience-platform-dsw-reference.git

クローン

メモ

書き込み操作(例えば git push)を実行するには、新しいセッションごとに次の設定コマンドを実行する必要があります。 また、プッシュコマンドは、ユーザー名とパスワードの入力を求めるプロンプトも表示されます。

git config --global user.email "you@example.com"

git config --global user.name "Your Name"

次の手順

リポジトリのクローン作成が完了したら、通常のローカルマシンと同じように Git を使用して、ノートブック上の他のユーザーと共同作業できます。 JupyterLab 内で何ができるかについて詳しくは、JupyterLab user guide を参照してください。

このページ