Data Access APIを使用した表示データセットデータ

このドキュメントでは、Adobe Experience PlatformのData Access APIを使用して、データセット内に保存されたデータの検索、アクセス、ダウンロードの方法を説明するチュートリアルを順を追って説明します。 また、ページングや部分的なダウンロードなど、Data Access APIの独自の機能の一部にも導入されます。

はじめに

このチュートリアルでは、データセットの作成方法と設定方法について、十分な理解を得ている必要があります。 詳しくは、「データセ ット作成のチュートリアル」を参照してください。

以下の節では、Platform API を正しく呼び出すために知っておく必要がある追加情報を示します。

API 呼び出し例の読み取り

このチュートリアルでは、API 呼び出しの例を提供し、リクエストの形式を設定する方法を示します。この中には、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。サンプル API 呼び出しのドキュメントで使用されている規則については、Experience Platform トラブルシューテングガイドのサンプル API 呼び出しの読み方に関する節を参照してください。

必須ヘッダーの値の収集

Platform API を呼び出すには、まず認証チュートリアルを完了する必要があります。次に示すように、すべての Experience Platform API 呼び出しに必要な各ヘッダーの値は認証チュートリアルで説明されています。

  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}

Experience Platform内のすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。 Platform APIへのすべてのリクエストには、操作が行われるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。

  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
メモ

Platformのサンドボックスについて詳しくは、サンドボックスの概要ドキュメントを参照してください。

ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、以下のような追加ヘッダーが必要です。

  • Content-Type: application/json

シーケンス図

このチュートリアルは、次のシーケンス図に示す手順に従って、Data Access APIのコア機能を強調表示します。

Catalog APIを使用すると、バッチやファイルに関する情報を取得できます。 Data Access APIを使用すると、ファイルのサイズに応じて、HTTP経由でこれらのファイルにアクセスし、ダウンロードの全部または一部をダウンロードできます。

データの検索

Data Access APIの使用を開始する前に、アクセスするデータの場所を特定する必要があります。 Catalog APIには、組織のメタデータを参照し、アクセスするバッチまたはファイルのIDを取得するために使用できるエンドポイントが2つあります。

  • GET /batches:組織内のバッチのリストを返します
  • GET /dataSetFiles:組織内のファイルのリストを返します

Catalog APIのエンドポイントの包括的なリストについては、APIリファレンスを参照してください。

IMS 組織内のバッチのリストを取得する

Catalog APIを使用して、組織の下でバッチのリストを返すことができます。

API 形式

GET /batches

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/catalog/batches/' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

応答には、IMS 組織に関連するすべてのバッチのリストを含むオブジェクトが含まれ、各最上位の値はバッチを表します。個々のバッチオブジェクトには、その特定のバッチの詳細が含まれます。以下の応答は、スペースのために最小化されています。

{
    "{BATCH_ID_1}": {
        "imsOrg": "{IMS_ORG}",
        "created": 1516640135526,
        "createdClient": "{CREATED_CLIENT}",
        "createdUser": "{CREATED_BY}",
        "updatedUser": "{CREATED_BY}",
        "updated": 1516640135526,
        "status": "processing",
        "version": "1.0.0",
        "availableDates": {}
    },
    "{BATCH_ID_2}": {
    ...
    }
}

バッチのリストのフィルター

特定の使用事例に関連するデータを取得するために、特定のバッチを検索するためにフィルターが必要になることがよくあります。GET /batchesリクエストにパラメーターを追加して、返された応答をフィルターすることができます。以下のリクエストは、特定のデータセット内で、指定した時間が経過した後に作成されたすべてのバッチを、いつ作成されたかで並べ替えて返します。

API 形式

GET /batches?createdAfter={START_TIMESTAMP}&dataSet={DATASET_ID}&sort={SORT_BY}
プロパティ 説明
{START_TIMESTAMP} 開始のタイムスタンプ(ミリ秒)(例:1514836799000)。
{DATASET_ID} データセット識別子。
{SORT_BY} 指定された値で応答を並べ替えます。たとえば、desc:createdは作成日を降順に並べ替えてオブジェクトをソートします。

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/catalog/batches?createdAfter=1521053542579&dataSet=5cd9146b21dae914b71f654f&orderBy=desc:created' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

{   "{BATCH_ID_3}": {
        "imsOrg": "{IMS_ORG}",
        "relatedObjects": [
            {
                "id": "5c01a91863540f14cd3d0439",
                "type": "dataSet"
            },
            {
                "id": "00998255b4a148a2bfd4804c2f327324",
                "type": "batch"
            }
        ],
        "status": "success",
        "metrics": {
            "recordsFailed": 0,
            "recordsWritten": 2,
            "startTime": 1550791835809,
            "endTime": 1550791994636
        },
        "errors": [],
        "created": 1550791457173,
        "createdClient": "{CLIENT_CREATED}",
        "createdUser": "{CREATED_BY}",
        "updatedUser": "{CREATED_BY}",
        "updated": 1550792060301,
        "version": "1.0.116"
    },
    "{BATCH_ID_4}": {
        "imsOrg": "{IMS_ORG}",
        "status": "success",
        "relatedObjects": [
            {
                "type": "batch",
                "id": "00aff31a9ae84a169d69b886cc63c063"
            },
            {
                "type": "dataSet",
                "id": "5bfde8c5905c5a000082857d"
            }
        ],
        "metrics": {
            "startTime": 1544571333876,
            "endTime": 1544571358291,
            "recordsRead": 4,
            "recordsWritten": 4
        },
        "errors": [],
        "created": 1544571077325,
        "createdClient": "{CLIENT_CREATED}",
        "createdUser": "{CREATED_BY}",
        "updatedUser": "{CREATED_BY}",
        "updated": 1544571368776,
        "version": "1.0.3"
    }
}

パラメーターとフィルターの完全なリストについては、「カタログ API リファレンス」を参照してください。

特定のバッチに属するすべてのファイルのリストを取得する

アクセスするバッチのIDが決まったので、Data Access APIを使用して、そのバッチに属するファイルのリストを取得できます。

API 形式

GET /batches/{BATCH_ID}/files
プロパティ 説明
{BATCH_ID} アクセスしようとしているバッチのバッチ識別子。

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/batches/5c6f332168966814cd81d3d3/files' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

{
    "data": [
        {
            "dataSetFileId": "8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1",
            "dataSetViewId": "5cc6a9b60d4a5914b7940a7f",
            "version": "1.0.0",
            "created": "1558522305708",
            "updated": "1558522305708",
            "isValid": false,
            "_links": {
                "self": {
                    "href": "https://platform.adobe.io:443/data/foundation/export/files/8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1"
                }
            }
        }
    ],
    "_page": {
        "limit": 100,
        "count": 1
    }
}
}
プロパティ 説明
data._links.self.href このファイルにアクセスする URL。

応答には、指定したバッチ内のすべてのファイルをリストするデータ配列が含まれます。ファイルは、そのファイル ID によって参照されます。このファイルは、dataSetFileIdフィールドの下にあります。

ファイル ID を使用したファイルへのアクセス

一意のファイルIDを取得したら、Data Access APIを使用して、ファイル名、バイト単位のサイズ、ダウンロード用のリンクなど、ファイルに関する具体的な詳細情報にアクセスできます。

API 形式

GET /files/{FILE_ID}
プロパティ 説明
{FILE_ID} アクセスするファイルの識別子。

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

ファイル ID が個々のファイルを指すかディレクトリを指すかに応じて、返されるデータ配列には、そのディレクトリに属するファイルの 1 つのエントリまたはリストが含まれる場合があります。各ファイル要素には、ファイル名、サイズ(バイト単位)、ファイルをダウンロードするためのリンクなどの詳細が含まれます。

ケース 1:ファイル ID が単一のファイルを指す

応答

{
    "data": [
        {
            "name": "{FILE_NAME}.parquet",
            "length": "249058",
            "_links": {
                "self": {
                    "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/{FILE_ID_1}?path={FILE_NAME_1}.parquet"
                }
            }
        }
    ],
    "_page": {
        "limit": 100,
        "count": 1
    }
}
プロパティ 説明
{FILE_NAME}.parquet ファイルの名前。
_links.self.href ファイルをダウンロードする URL。

ケース 2:ファイル ID がディレクトリを指す

応答

{
    "data": [
        {
            "dataSetFileId": "{FILE_ID_2}",
            "dataSetViewId": "460590b01ba38afd1",
            "version": "1.0.0",
            "created": "150151267347",
            "updated": "150151267347",
            "isValid": true,
            "_links": {
                "self": {
                    "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/{FILE_ID_2}"
                }
            }
        },
        {
            "dataSetFileId": "{FILE_ID_3}",
            "dataSetViewId": "460590b01ba38afd1",
            "version": "1.0.0",
            "created": "150151267685",
            "updated": "150151267685",
            "isValid": true,
            "_links": {
                "self": {
                    "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/{FILE_ID_3}"
                }
            }
        }
    ],
    "_page": {
        "limit": 100,
        "count": 2
    }
}
プロパティ 説明
data._links.self.href 関連ファイルをダウンロードする URL。

この応答は、ID {FILE_ID_2}{FILE_ID_3}を持つ 2 つの異なるファイルを含むディレクトリを返します。このシナリオでは、各ファイルにアクセスするには、各ファイルの URL に従う必要があります。

ファイルのメタデータの取得

HEAD リクエストをおこなうことで、ファイルのメタデータを取得できます。これは、サイズ(バイト単位)やファイル形式を含む、ファイルのメタデータヘッダーを返します。

API 形式

HEAD /files/{FILE_ID}?path={FILE_NAME}
プロパティ 説明
{FILE_ID} ファイルの識別子。
{FILE_NAME} ファイル名(例:profiles.parquet)

リクエスト

curl -I 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1?path=profiles.parquet' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

応答ヘッダーには、次のような、クエリされたファイルのメタデータが含まれます。

  • Content-Length:ペイロードのサイズをバイト単位で示します
  • Content-Type:ファイルのタイプを示します。

ファイルのコンテンツへのアクセス

Data Access APIを使用してファイルのコンテンツにアクセスすることもできます。

API 形式

GET /files/{FILE_ID}?path={FILE_NAME}
プロパティ 説明
{FILE_ID} ファイルの識別子。
{FILE_NAME} ファイル名(例:profiles.parquet)。

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1?path=profiles.parquet' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答

成功した場合は、ファイルの内容が返されます。

ファイルの一部コンテンツのダウンロード

Data Access APIは、チャンクでファイルをダウンロードできます。 範囲ヘッダーは、ファイルから特定のバイト範囲をダウンロードするGET /files/{FILE_ID}リクエスト時に指定できます。範囲を指定しない場合、API はデフォルトでファイル全体をダウンロードします。

前の節の HEAD の例では、特定のファイルのサイズをバイト単位で示しています。

API 形式

GET /files/{FILE_ID}?path={FILE_NAME}
プロパティ 説明
{FILE_ID} ファイルの識別子。
{FILE_NAME} ファイル名(例:profiles.parquet)

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/8dcedb36-1cb2-4496-9a38-7b2041114b56-1?path=profiles.parquet' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Range: bytes=0-99'
プロパティ 説明
Range: bytes=0-99 ダウンロードするバイトの範囲を指定します。範囲を指定しない場合、API はファイル全体をダウンロードします。この例では、最初の 100 バイトがダウンロードされます。

応答

応答本体には、(リクエストの「範囲」ヘッダーで指定された)ファイルの最初の 100 バイトと、HTTP ステータス 206(部分的な内容)が含まれます。応答には、次のヘッダーも含まれます。

  • コンテンツの長さ:100(返されるバイト数)
  • コンテンツタイプ:application/parket(Parketファイルが要求されたので、応答コンテンツタイプはparquetです)
  • コンテンツ範囲:バイト 0~99/249058(合計バイト数(249058)のうち、リクエストされた範囲(0-99))

API 応答のページネーションの設定

Data Access API内の応答はページ分割されます。 デフォルトでは、1 ページあたりの最大エントリ数は 100 です。ページングパラメーターを使用して、デフォルトの動作を変更できます。

  • limit:「limit」パラメーターを使用して、必要に応じて 1 ページあたりのエントリ数を指定できます。
  • start:オフセットは、「開始」クエリパラメーターで設定できます。
  • &:アンパサンドを使用すると、1 回の呼び出しで複数のパラメーターを組み合わせることができます。

API 形式

GET /batches/{BATCH_ID}/files?start={OFFSET}
GET /batches/{BATCH_ID}/files?limit={LIMIT}
GET /batches/{BATCH_ID}/files?start={OFFSET}&limit={LIMIT}
プロパティ 説明
{BATCH_ID} アクセスしようとしているバッチのバッチ識別子。
{OFFSET} 結果配列を開始するインデックス(例:開始= 0)
{LIMIT} 結果配列に返される結果の数を制御します(例:limit=1)

リクエスト

curl -X GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/export/batches/5c102cac7c7ebc14cd6b098e/files?start=0&limit=1' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}'

応答:

応答には、リクエストパラメーターlimit=1で指定された単一の要素を持つ"data"配列が含まれます。この要素は、リクエストのstart=0パラメーターで指定された、最初に使用可能なファイルの詳細を含むオブジェクトです(0 から始まる番号では、最初の要素は「0」になります)。

この_links.next.href値には、応答の次のページへのリンクが含まれています。このリンクで、startパラメーターの詳細start=1がわかります。

{
    "data": [
        {
            "dataSetFileId": "{FILE_ID_1}",
            "dataSetViewId": "5a9f264c2aa0cf01da4d82fa",
            "version": "1.0.0",
            "created": "1521053793635",
            "updated": "1521053793635",
            "isValid": false,
            "_links": {
                "self": {
                    "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/files/{FILE_ID_1}"
                }
            }
        }
    ],
    "_page": {
        "limit": 1,
        "count": 6
    },
    "_links": {
        "next": {
            "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/batches/5c102cac7c7ebc14cd6b098e/files?start=1&limit=1"
        },
        "page": {
            "href": "https://platform.adobe.io/data/foundation/export/batches/5c102cac7c7ebc14cd6b098e/files?start=0&limit=1",
            "templated": true
        }
    }
}

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now