ウィジェットライブラリの概要

Adobe Experience Platform のユーザーインターフェイスでは、複数のダッシュボードを使用して組織のデータの表示や操作をおこなうことができます。ダッシュボードのビューにウィジェットを追加することで、特定のダッシュボードを更新することもできます。

このガイドでは、Experience Platform の ウィジェットライブラリ にアクセスする手順を説明します。このライブラリで標準ウィジェットを選択したり、カスタムウィジェットを作成したりすることにより、ダッシュボードに表示される情報をカスタマイズできます。

ダッシュボードに表示済みのウィジェットの場所とサイズを変更する方法については、ダッシュボードの変更ガイドを参照してください。

メモ

「ライセンスの使用」ダッシュボードに表示されているウィジェットはカスタマイズできません。ライセンスの使用に特有のダッシュボードについて詳しくは、 ライセンス使用状況ダッシュボードのドキュメント を参照してください。

ウィジェットライブラリへのアクセス

プロファイルダッシュボードなどの任意のダッシュボードから、「ダッシュボードを変更」を選択して「ウィジェットライブラリ」ボタンを表示します。

ウィジェットライブラリ」を選択してウィジェットライブラリを開き、利用できるすべての標準指標を表示するか、カスタムウィジェットの作成を開始します。

標準ウィジェットとカスタムウィジェット

ウィジェットライブラリ には、次の 2 つのタブがあります。

  • 標準: 「標準」タブには、Adobe が提供するウィジェットが含まれています。これらの標準指標のいずれかを使用して、ダッシュボードを更新できます。 ダッシュボードへの標準ウィジェットの追加について詳しくは、 ダッシュボードでの標準ウィジェットの使用 に関するガイドを参照してください。
  • カスタム: 「カスタム」タブを使用すると、ウィジェットを作成して組織内で共有できます。独自のウィジェットを作成する手順について詳しくは、 ダッシュボードのカスタムウィジェットガイド を参照してください。

次の手順

このドキュメントを読み、Experience Platform の UI からウィジェットライブラリにアクセスできるようになりました。 ダッシュボードに表示されるウィジェットのサイズと場所を変更するには、 ダッシュボードの変更ガイド を参照してください。

このページ