ダッシュボードのカスタマイズの概要

Adobe Experience Platform 内で使用できるプロファイル、セグメント、宛先ダッシュボードは、様々な方法でカスタマイズできます。 このガイドでは、利用可能なカスタマイズの概要と、ダッシュボードに表示するウィジェットをパーソナライズする手順、およびそれらのウィジェットのサイズ、シェイプ、場所を示す手順へのリンクを示します。

メモ

ライセンスの使用 ダッシュボードに表示されるウィジェットはカスタマイズできません。 この一意のダッシュボードの詳細については、 ライセンス使用状況ダッシュボードのドキュメント を参照してください。

ダッシュボードの変更

プロファイル、セグメント、宛先のダッシュボードから「ダッシュボードを変更」を選択すると、現在ダッシュボードに表示されているウィジェットのサイズ、順序、場所を調整できます。 ダッシュボードでのウィジェットの外観を変更する方法については、 ダッシュボードの変更に関するガイド を参照してください。

ウィジェットライブラリ

Experience Platform 内のウィジェットライブラリでは、組織で使用可能な 標準 および カスタム ウィジェットをすべて表示できます。 ダッシュボード(プロファイルダッシュボードなど)から「ダッシュボードを変更」を選択して、「ウィジェットライブラリ」ボタンを表示できます。

ウィジェットライブラリ を選択してウィジェットライブラリを開き、使用可能なすべての標準指標を表示するか、カスタムウィジェットの作成を開始します。

標準ウィジェット

標準ウィジェットとは、ダッシュボード内で使用するためアドビが提供するウィジェットを指します。 これらのウィジェットは読み取り専用で、組織で編集することはできません。

ウィジェットライブラリ内の「標準」タブには、アドビが提供する使用可能なすべての標準ウィジェットが含まれます。 これらの標準指標のいずれかを使用して、ダッシュボードを更新できます。 ダッシュボードへの標準ウィジェットの追加について詳しくは、 ](standard-widgets.md)ダッシュボードでの標準ウィジェットの使用に関するガイド[ を参照してください。

カスタムウィジェット

カスタムウィジェットとは、組織のメンバーが作成および共有するウィジェットを指します。 これらのウィジェットはウィジェットライブラリの「カスタム」タブを使用して作成され、 スキーマ で、使用可能な指標を組織で指定する必要があります。

独自のウィジェットを作成する詳細な手順については、 ダッシュボードガイドのカスタムウィジェットに関するガイド を参照してください。

スキーマの編集

ダッシュボード用の カスタムウィジェット を作成するには、まずウィジェットの基となるリアルタイム顧客プロファイル属性を特定する必要があります。

組織のスキーマを編集してカスタムダッシュボードウィジェットを作成する手順については、 ダッシュボードスキーマの編集 に関するガイドを参照してください。

次の手順

このドキュメントを読むと、既存のウィジェットのサイズ、シェイプ、順序を変更し、アドビが提供する標準ウィジェットを追加するか、組織でカスタムウィジェットを作成し共有することで、Experience Platform ダッシュボードのカスタマイズを始める準備が整います。

このページ