ダッシュボードの変更

Adobe Experience Platform のユーザーインターフェイス(UI)では、複数のダッシュボードを使用して組織のデータの表示や操作をおこなうことができます。ダッシュボードに表示されているデフォルトのウィジェットと指標は、個々のユーザーレベルで調整し、好きなデータを表示することができます。また、ウィジェットを作成して、同じ組織のユーザー間で共有することも可能です。

このガイドでは、Platform UI の プロファイル、 セグメント、 宛先 の各ダッシュボードでダッシュボードデータを表示する方法をカスタマイズする手順を説明します。

メモ

「ライセンスの使用」ダッシュボードに表示されるウィジェットはカスタマイズできません。 ライセンスの使用に特有のダッシュボードについて詳しくは、 ライセンス使用状況ダッシュボードのドキュメント を参照してください。

はじめに

プロファイル ダッシュボードなどの任意のダッシュボードから、「ダッシュボードを変更」を選択して、既存のウィジェットのサイズを変更し、並べ替えることができます。

ウィジェットの並べ替え

ダッシュボードの変更を選択した後、ウィジェットのタイトルを選択して目的の順序にウィジェットをドラッグアンドドロップすると、ウィジェットを並べ替えることができます。この例では、 プロファイル数トレンド のウィジェットを 1 行目に移動し、 プロファイル数 のウィジェットを 2 行目に表示しています。

ウィジェットのサイズ変更

ウィジェットの右下隅にある直角記号()を選択して目的のサイズにウィジェットをドラッグすると、ウィジェットのサイズを変更できます。 この例では、 ID 別プロファイル ウィジェットのサイズを変更して 1 行目全体を埋め、他のウィジェットを 2 行目へと自動的に移動します。ウィジェットが大きくなると、水平軸が調整され、より詳細な値が表示されるようになります。

メモ

ウィジェットのサイズを調整すると、周囲のウィジェットは動的に再配置されます。このため、一部のウィジェットが追加の行に移動し、スクロールしなければすべてのウィジェットを表示できなくなる場合があります。

ダッシュボードの更新内容の保存

ウィジェットの移動とサイズ変更が完了したら、「保存」を選択して変更内容を保存し、メインのダッシュボードビューに戻ります。変更を保存しない場合は、「キャンセル」を選択してダッシュボードをリセットし、メインのダッシュボード表示に戻ります。

ウィジェットライブラリ

ウィジェットのサイズ変更と並べ替えに加えて、「プロファイル」、「セグメント」、「宛先」の各ダッシュボードで「ダッシュボードの変更」を選択して​ウィジェットライブラリ​にアクセスすると、より多くのウィジェットを見つけて表示したり、組織に合ったカスタムウィジェットを作成したりできます。

ウィジェットライブラリ にアクセスして操作する手順については、 ウィジェットライブラリガイド を参照してください。

次の手順

このドキュメントでは、ダッシュボードの変更機能を使用してウィジェットの並べ替えとサイズ変更を行い、ダッシュボードの表示をカスタマイズする方法を確認しました。 ウィジェットを作成してダッシュボードに追加する方法については、 ウィジェットライブラリガイド を参照してください。

このページ