製品プロファイルを選択してアクセス制御権限を管理する

Adobe Admin Console を使用して Experience Platform のアクセス制御を設定するには、Experience Platform のサブスクリプションを取得している IMS 組織の管理者である必要があります。アドビは IMS 組織に柔軟性のある管理者階層を提供していますが、アクセス制御を設定するにはシステム管理者、製品管理者または製品プロファイル管理者の権限が必要です。詳しくは、管理者の役割に関する Adobe Help Center の記事を参照してください。

管理者権限がない場合は、システム管理者に問い合わせてアクセス権を取得してください。

管理者権限を取得したら、Adobe Admin Console に移動し、アドビの資格情報を使用してログインします。ログインすると、管理権限を持つ IMS 組織の「概要」ページが表示されます。このページには、IMS 組織がサブスクリプションを取得している製品と、IMS 組織全体にユーザーおよび管理者を追加するための、そのほかのコントロールが表示されます。「Adobe Experience Platform」をクリックして、Platform 統合用のアクセス制御ワークスペースを開きます。

「概要」ページ

Adobe Experience Platform のアクセス制御ワークスペースが開き、「製品のプロファイル」タブが表示されます。このタブでは、すべての製品プロファイルを表示したり、このドキュメントで説明されている様々な設定を管理したりすることができます。

プラットフォームのアクセス制御

このユーザガイドでは、Admin Console を使用して Platform へのアクセス権限を割り当てる方法について説明しています。Admin Console のナビゲーション方法に関する一般情報については、「Admin Console ユーザーガイド」を参照してください。

次の手順

アクセス制御ワークスペースに移動したら、次の手順に進んで、新しい製品プロファイルを作成します。

このページ