アクセス制御トラブルシューティングガイド

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform のアクセス制御に関するよくある質問に対する回答を示します。その他の Platform サービスに関する質問とトラブルシューティングについては、『Experience Platform トラブルシューティングガイド』を参照してください。

Experience Platform は、Adobe Admin Console の製品プロファイルを活用して、役割ベースのアクセス制御を提供し、ユーザーを権限およびサンドボックスにリンクします。 詳しくは、「アクセス制御の概要」を参照してください。

現在のアクセス権限はどこで確認できますか。

IMS 組織のシステム管理者、製品管理者、製品プロファイル管理者は、割り当てられた製品プロファイルと提供される権限を Adobe Admin Console で表示できます。を使用して製品プロファイルの権限を表示する方法については、『アクセス制御ユーザガイド』を参照してくださいAdmin Console。

管理者以外の場合でも、アクセス制御 API の /acl/effective-policies エンドポイントにリクエストを送信することで、現在のアクセス権限を表示することができます。詳しくは、『アクセス制御開発者ガイド』の「有効ポリシーの表示」の節を参照してください。

Platform UI の一部の機能は使用できません。これらの機能へのアクセスは、権限によってどのように制御されますか。

特定の Platform 機能に対するアクセス権限を持っていない場合、その機能は Experience Platform UI で非表示または灰色で表示されます。例えば、「プロファイル」タブを表示するには、「プロファイルの表示」または「プロファイルの管理」権限が必要です。Experience Platform 機能に対する追加の権限が必要な場合は、管理者に問い合わせてください。

権限はどのようにグループ化されていますか。使用したい権限を含むグループはどれですか。

権限は、適用対象の Platform 機能(Data Management や Profile Management など)別にグループ化され、分類されています。使用可能な権限とその属するグループの完全なリストについては、「アクセス制御の概要」の「権限」の節を参照してください。

役割ベースのアクセス制御の提供について詳しくは、「アクセス制御の概要」を参照してください。

このページ