機能パック 202001 のリリースノート

注意

最新バージョンの Adobe Experience Manager(AEM)にアップグレードすることをお勧めします。Screens では、AEM 6.3 Screens プラットフォームのメンテナンスサポートを提供しています。

AEM 6.4 機能パック 7 および AEM 6.5 機能パック 3 向けの AEM Screens がリリースされました。詳細は以下のとおりです。

リリース日

AEM Screens 機能パック 202001 のリリース日は 2020 年 1 月 31 日です。

新機能

  • アセット再生のコマンド同期

コマンド同期を使用すると、異なるプレーヤー間で再生を同期させることができます。プレーヤーごとに異なるコンテンツを再生できますが、各アセットの再生時間は同じにする必要があります。
コマンド同期およびマスターとクライアントを設定する方法について詳しくは、コマンド同期の使用を参照してください。

  • HTTPS のステータスを表示し、空のリファラーを許可するヘルスチェックフレームワーク
    AEM Screens プロジェクトを実行する前に、ヘルスチェックフレームワークを使用して 2 つの必要な設定(空のリファラー要求の許可および Apache Felix Jetty Based HTTP Service の許可)が設定されているかどうかを確認できます。

    ヘルスチェックフレームワークの詳細については、ヘルスチェックフレームワークを参照してください。

  • デフォルトのトランジションタイプの更新
    トランジションコンポーネントのプロパティは、例えば、
    タイプ​は​フェード​に、デュレーション (ms)1600 にデフォルトで設定されるようになりました。

    詳細については、トランジションの適用使用例を参照してください。

リリースされている AEM Screens Player

AEM 6.4 機能パック 7 および AEM 6.5 機能パック 3 向けに、次の AEM Screens Player がリリースされています。

  • Chrome OS
  • Windows
  • Android

AEM Screens Player のダウンロード

最新の AEM Screens Player のダウンロードとバグ修正について詳しくは、AEM Screens Player のダウンロードを参照してください。

このページ