アダプティブレンディション:アーキテクチャ概要と設定

はじめに

アダプティブレンディションを使用すると、顧客定義のルールに基づいて、デバイスに最適なレンディションをデバイスで自動的に選択できます。これらのルールに基づいて、アセットの最も適切なレンディションをデバイスが自動的にダウンロードして再生するので、ユーザーは​メイン​のエクスペリエンスの設計に専念できます。

目的

AEM Screens 開発者は、すべてのコンテンツバリエーションを手動で作成しなくても、デバイス固有のアセットレンディションが自動的にダウンロードされて再生されるように設定できるようになりました。コンテンツ作成者がこの機能を AEM Screens チャネルで使用するには、アダプティブレンディションを設定する必要があります。

アーキテクチャの概要

アダプティブレンディションは、特定の命名規則に従って複数のアセットレンディションに名前を付けるという考えに基づいています。特定のレンディションを再生するかどうかは、想定される機能を持つデバイスでのみ解決できるメディアクエリ式を評価することで決定されます。

関連するレンディションの命名パターンを用意できるので、縦長や横長などのレンディションマッピングルールを定義できます(下図を参照)。使用可能なすべての式を計算すると、Screens プレーヤーは、一致するルールに対応する命名パターンを収集します。これらのパターンは、レンディション名のパターンを探すことでシーケンスの再生時に正しいレンディションを見つけるために使用されます。

画像

Screens プロジェクトへのレンディションマッピングプロパティの追加

アダプティブレンディション機能を有効にするには、次のマッピングルールが存在し、チャネルとディスプレイのコンテキスト対応(CA)設定が解決可能である必要があります。

メモ

コンテキスト対応設定について詳しくは、こちらを参照してください。

セットアップを設定するには、次の手順に従います。

  1. CRXDE Lite に移動します。rendition-mapping 設定が /conf/screens/sling:configs/rendition-mapping に存在するかどうかを確認します(下図を参照)。

    画像

    重要

    最新の機能パック 202109 をインストールした場合は、CRXDE Lite の /conf/screens/sling:configs/rendition-mappingrendition-mapping ノード構造が事前に設定されています。最新の機能パックについて詳しくは、機能パック 202109 のリリースノートを参照してください。
    既存プロジェクトの場合は、Screens プロジェクトに rendition-mapping 設定が関連付けられていることを確認します。詳しくは、既存プロジェクトへのレンディションマッピングプロパティの追加の節を参照してください。

既存プロジェクトへのレンディションマッピングプロパティの追加

  1. CRXDE Lite に移動します。

  2. /conf/screens を指す sling:configRef プロパティをプロジェクトのコンテンツノードに追加して、レンディションマッピングの関連付けを明示的に定義します(下図を参照)。

    画像

レンディションマッピングルールの追加

レンディションマッピングの配下にノードを追加するには、次の手順に従います。

  1. CRXDE Lite から /conf/screens/sling:configs/rendition-mapping のパスに移動します。

  2. rendition-mapping の配下にノードを作成します。rendition-mapping を右クリックし、作成ノードを作成​を選択します(下図を参照)。

    画像

  3. ノードを作成​ダイアログボックスで、マッピングルールノードの「名前」に「rule1」などと入力し、「種類」に「nt:unstructured」などと入力します。「OK」をクリックします。

    画像

  4. クエリ式を値とする expression プロパティを追加する必要があります。

    メモ

    詳しくは、メディアクエリの使用を参照してください。

    作成した rule1 をクリックして、「名前」に「expression」と入力し、「」に「(orientation:landscape)」と入力します(下図を参照)。「追加」をクリックします。

    画像

  5. レンディション命名パターンを値とする pattern プロパティを追加します。

    メモ

    pattern プロパティで定義された値が新しいアセットレンディションと照合され、expression が true と評価された場合に選択されます。

    pattern プロパティを追加するには、作成した rule1 をクリックして、「名前」に「pattern」と入力し、「」に「landscape」と入力します(下図を参照)。「追加」をクリックします。

    画像

  6. すべて保存」をクリックすると、rendition-mapping の配下に作成したノードの下にプロパティが表示されます。

    画像

次の手順

レンディションマッピングのプロパティとルールを追加したら、コンテンツ作成者は、アダプティブレンディションを使用するようにアセットを設定できるほか、デバイスを大規模なネットワークに移行して AEM Screens チャネルでこの機能を利用することもできます。詳しくは、AEM Screens でのアダプティブレンディションの使用を参照してください。

このページ