マルチゾーンからシングルゾーンへのトランジション

使用例の説明

ここでは、シングルゾーンレイアウトのチャネルに切り替わるマルチゾーンレイアウトのチャネルをセットアップする方法に重点を置いた使用例について説明します。このマルチゾーンチャネルは一連の画像/ビデオアセットを含んでおり、マルチゾーンとシングルゾーンの間で切り替わるプロジェクトをセットアップする方法を示しています。

前提条件

この使用例を開始する前に、以下をおこなう方法を理解しておく必要があります。

主要なアクター

コンテンツ作成者

プロジェクトのセットアップ

次の手順に従って、プロジェクトをセットアップします。

  1. TakeoverLoop という名前の AEM Screens プロジェクトを作成します(下図を参照)。

    アセット

  2. マルチゾーン Screens チャネルの作成

    1. チャネル​フォルダーを選択し、アクションバーの「作成」をクリックしてチャネル作成用ウィザードを開きます。
    2. ウィザードで「左 L バー型分割画面チャネル」を選択し、MultiZoneLayout というタイトルのチャネルを作成します。
    3. このチャネルにコンテンツを追加します。各ゾーンにアセットをドラッグ&ドロップします。次の例は、ビデオ、画像、(埋め込みシーケンス内の)テキストバナーで構成される MultiZoneLayout チャネルを示しています(下図を参照)。

    アセット

    メモ

    チャネルでのマルチゾーンレイアウトの作成について詳しくは、マルチゾーンレイアウトを参照してください。

  3. TakeoverChannel というタイトルの別のチャネルを​チャネル​フォルダーに作成します。

    アセット

  4. アクションバーの「編集」をクリックして、このチャネルにコンテンツを追加します。このチャネルに​チャネル​コンポーネントと切り替え先の画像アセットを追加します(下図を参照)。

    アセット

  5. チャネルコンポーネントの設定を開き、手順 2 で作成した MultiZoneLayout チャネルを指すように設定します。

    アセット

  6. シーケンス」タブの「デュレーション (ms)」フィールドの値を「10000」に設定します。

    アセット

  7. 同様に、追加した画像アセットの設定を開き、「シーケンス」タブの「デュレーション (ms)」フィールドの値を「3000」に設定します。

    アセット

プレビューを確認する

目的の出力は、プレーヤーで表示することもできますし、エディターで「プレビュー」をクリックして表示することもできます。

この例の出力では、マルチゾーンレイアウトが 10000 ms の間再生された後、再生時間が 3000 ms のシングルゾーンレイアウトに切り替わり、さらにその後、元のマルチゾーンレイアウトに切り替わります。

メモ

(マルチゾーンレイアウトとシングルゾーンレイアウトの間の)チャネルトランジションを、必要に応じてカスタマイズできます。

このページ