AEM Screens とは

AEM(Adobe Experience Manager)Screens は、包括的なデジタルマーケティングプラットフォームと連携する様々なタイプの画面など、動的でインタラクティブなデジタルエクスペリエンスおよびインタラクションを公開できるデジタルサイネージソリューションです。

AEM Screens のキックスタートに従って、シンプルなデジタルサイネージエクスペリエンスをインストールおよび導入できます。

概要

AEM Screens は、AEM Sites の強固な基盤の上に構築されています。マーケティング担当者や IT 担当者は、AEM Screens を使用し、ブランドを確立して需要を促進するという店舗や会場設備での目標に影響する、複数のデジタルスクリーンでのエクスペリエンスを作成して管理できます。AEM Screens と Sites を統合すると、既存のコンテンツを再利用し、明瞭で一貫性のある顧客ソリューションを効果的に提供することが可能です。これにより、費用対効果と有用性の非常に高い、特化したデジタルエクスペリエンスを作成するための合理的なワークフローが実現します。さらに、ブランドの認知度に影響を与え、購入や関与の増加につながる意思決定にも影響を及ぼすことができます。

AEM Screens は Web ベースの強力なソリューションであり、専用のデジタルメニューボード、商品の推奨機能、背景のライフスタイル画像を作成して、顧客のインタラクションを強化し、同じ AEM プラットフォームから店舗、ホテル、銀行、医療機関、教育機関などの様々な場所に、統一された有用なブランドエクスペリエンスを届けることが可能です。Screens では、インタラクティブなディスプレイ、ウェイファインディング、ブランディング、環境音の追加など、多数のユニークなアプリケーションを、それらがデプロイされるドメインに基づいて顧客や従業員に提供します。

AEM Screens を使用したアプリケーションの作成と管理はシンプルかつ直感的です。アプリケーションは、顧客や実装パートナーが AEM Screens 向けに作成した Web ページをホストします。**ロケーション​は、事前に定義された階層を管理し、ディスプレイ​を含んでいます。各ディスプレイには、関連付けられている様々なデバイスやスクリーンを表示するダッシュボードがあります。AEM Screens のコンテンツは​チャネル​で管理されます。チャネル内に存在するコンテンツが AEM Screens Player によってディスプレイにレンダリングされます。

AEM Screens に関連する重要な用語を理解するには、用語集を参照してください。

Screens Player のアーキテクチャ

次の図は、AEM Screens Player の一般的なアーキテクチャを示しています。

chlimage_1-29

デジタルサイネージエクスペリエンスを 5 分で作成する

デモ用の Screens プロジェクトを作成し、コンテンツを Screens Player に公開するには、AEM Screens のキックスタートを参照してください。

新しい AEM Screens プロジェクトの開始

新しいデジタルサイネージエクスペリエンスを開始するには、使用に向けて準備する前に各役割が協力する必要があります。新しい Screens プロジェクトを作成するための開始点となる役割は次のとおりです。

  • 作成者
  • 開発者
  • システム管理者/技術者

次の図は、AEM Screens のユーザーとその役割の定義を示しています。

chlimage_1-30

その他のリソース

  • 実装の要点(ガイド付き)

    ガイド付きの学習リソースである AEM Screens 実装の要点​では、AEM Screens でサポートしている基本的な機能と高度な機能について説明しています。

  • AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイド

    AEM Screens プロジェクトの実装時に一般的な問題を特定するために設計された、AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイド​に従います。この資料では主に、プロジェクト上の役割と責任、様々な役割についての RACI チャート、AEM プラットフォーム設定、サポートと監視に焦点を当てています。

  • 新しいアドビカスタマーサポートエクスペリエンス

    Admin Console サポートチケットの詳細については、Customer One for Enterprise ヘルプ​を参照してください。

このページ